神秘の湖十和田へ!(生出キャンプ場編)

今年のGWキャンプは青森県の十和田湖を目指す
1日の0時に自宅出発!ETC1000円効果のためどれぐらい?
凄い渋滞になるか予想がつかない
なので東北道にいきなり入らず我が家に近い常磐柏ICからいわきを経由
磐越に乗り東北道に入るルートで十和田ICを目指す

交通量はかなり多めだったが磐越から東北の合流で軽い渋滞に巻き込まれ
ただけで後は渋滞知らず、速度100kmで流しながら最初の350kmを
5時間ノンストップで走り快調な滑り出し帰りも渋滞には巻き込まれず
時間をうまく外せば大丈夫かな?そんな650kmのドライブでした

今回キャンプするのは十和田湖畔にある生出キャンプ場(おいでと読みます)
環境省管理のキャンプ場です
他にも宇樽部キャンプ場・滝ノ沢キャンプ場などがあるがGWはまだ開いてないようで?
生出キャンプ場に決定3泊4日の日程になります
到着後に管理塔へ向かい管理人に挨拶して十和田湖の説明を聞く
以前に本栖湖で出会ったJAF隊員の方の話しは事実だった事も
十和田湖には(西・中・東)3つの入り江があるがその中で一番水深があるの
が中ノ湖深さは400mに近いその影響で湖底に引っ張られる流れが発生して
自殺体が浮いてこないそうである、そして戦時中に墜落した飛行機も
いまだ沈んだままとの事(汗)最初から凄い話を聞いてしまった
まあ後日身を持って体験する事になるのだが(笑)

ここのキャンプ場事前にネットで調べるもほとんど詳細情報無し
少し不安だったがカヌーやトレッキングの基地として
子供連れが家族連れでキャンプするには防犯や設備面もばっちりで
非常に良いところかもしれません
今回はハードな日々が続くのでオートキャンプサイト(1泊3000円・電源付)
を借りました、場内には炊事場・コインランドリー・シャワー・トイレなどがあり
超~清潔で綺麗、となりの敷地にホテルがあり歩いて温泉(500円)にも行けます
おかげで毎日の疲労が蓄積せず(笑)快適なキャンプになりました
なにせ来るまで650km・これからトレッキングが24km・カヌーで1周(46km)
をもくろんでいたので疲れが抜けてくれないと体が持ちません(爆)

そして感心したのがここの管理人(1人のみ)が働く事・働く事
普段事務所にいないと思ったら必ずなにか手入れや清掃をされていて
本当に感心いたしました、かみさんとどこかの管理人に爪の垢でも飲ませたい(オフレコで、爆)
今回仲良くしていただきチェックアウトも普通11時だけど最終日適当に夕方までいれば?
と言ってもらい甘える事に、お世話になりました(これもオフレコで)
大自然の中じゃなきゃキャンプじゃない!の方には向かないですが
今回気温も暖かく夜と昼の寒暖差も少なく夜でも10度以上ありました
軽い装備で気軽に泊まれるそんな生出キャンプ場でした
e0142754_2120599.jpg
e0142754_21201640.jpg
e0142754_2120257.jpg

[PR]
by soulsurfer1964 | 2009-05-06 21:14 | カヤック・カヌー | Comments(0)
<< メグちゃん ありがとう。 総走行距離1400km神秘の湖... >>