やはり危険なセンターメーター

先日昼間オートバイで走行していた時にその事故は起きた・・・
まあ車しか乗らない人にはわからないと思うがバイクで車の後ろに付いてみると?
ドライバーの性格そして癖やどんな人物なのかおもしろいようにわかる
そしてその車がコーナーを曲がるたびにその挙動や荷重移動の変化のしかたでこの車の足回りはどうなのか
適正価格にあった果たして高級車と呼べる車かハリボテ(笑)なのかそんな事さえもわかってしまう
バイクで後ろに付くと面白いように車のいろんな部分が見えてくるのである

先日前方に走っていた1台の乗用車・・・・トヨタのエスティマである
今やポジションがどこなのか???ミニバンなのか何だかよくわからないポジションで最近人気がない代表である
この車はご存知センターメーター私も運転した事があるが細かい表示で奥まった場所にあり非常に見づらい
若い方の視力ならまだしも40代位からは少し厳しいメーターだろう
そしてこの車の特徴と言えば異常にノーズが長いボンネットそして車幅の見切りもしずらい
要は車の先端がどこなのか体に疲労が溜まってでもすれば確認に甘さを残してしまう車だと思うのである
発売当時はこれを未来的だとか訳のわからん理由で売れていたが今やフロント事故にもこれほどのクラッシャブルゾーーンは必要とせず
時代遅れの部類に入ってきていると感じるノーズが長ければ前方確認はしずらい
もう少し短くして室内スペースを広げて欲しいものである

私の前方を走るエスティマはメーターがセンターにある事によりドライバーの意識は明らかに車の中央に向いていた
日本の道路は左側通行で右ハンドルでドライバーは少し左側に意識を持っていかれる感じである
この時に起きる死角は左側に意識がむくため右側はっきり言うと右前方に見てるようで無意識な死角が出来てしまう
今センターメーターをさらに派手にして認識性を上げる手法があるがこれをやるとさらに右の死角が出来る
気持ちは車の真ん中に吸い寄せられるこれが怖いのである

前方を走っていたエスティマはナビもセンターにありドライバーはナビとメーターを見ていた
そして脇道から大通りに入った大通りは渋滞で混んでいる
1台また1台そしてエスティマの順番になった、この場合は右側からひっきりなしに車がやってきていた
そして大通りがまた渋滞になった
エスティマが前方に譲ってくれた車の間から飛び出した瞬間その事故は起きた
大通りの渋滞の真ん中を1台のバイクがすり抜けをしていたそのバイクの横腹に飛び出した瞬間激突!
バイクを2~3mほど跳ね飛ばしたのである、そのオートバイは右側からエスティマに近づいていた
私がエスティマの後ろで気がついたのはこのドライバーだけかもしれないが左の安全確認と右の安全確認を
比べるとあきらかに右が甘い感じを受けた
運転席が右でメーターはセンターこれを直線で結ぶと左側には意識は行く
だが?センターメーターだとやはり右の気持ちに隙間があくノーズの長さと無意識に空いた右側の気持ちが
右側から来たバイクの一瞬の動きを見落としたそんな風に感じた目前の事故であった

もしこれがセンターメーターではなく通常位置にあると意識はメーターが正面のためもっと右に寄る
左は逆にダッシュボード上に邪魔になるものがないため見やすくなる
左側確認時は直線距離上に意識を奪うセンターメーターも存在しないこんな風に目前の事故から感じたのである

しょせんメーターの話だが普通のドライバーなら必ず見るもの・・・・毎日見ればそれは位置で誰でも洗脳(笑)されるだろう
センターならいっそ助手席にあった方が見えなくて諦める(爆)からいいんじゃない

だがこの事故を起こしたドライバーは右の意識が甘かった事には多分気がついてないだろう
あれだけバイクを跳ね飛ばしたショックでそんな事はわからない状態それほど凄い事故であった
だが100人が100人事故を起こす確率が高いとはそれはそれで言い難い
ただ少しだけ心に隙間ができるだけ。。。。運も味方してくれる時もある
ほんの数秒に何が飛び込んでくるかまあリスクはわかっているなら避けたほうが賢明だと思いますが
ただそれだけです。
[PR]
by soulsurfer1964 | 2013-10-12 22:29 | N-BOX | Comments(6)
Commented by マンセル at 2013-10-18 16:13 x
車の話が熱いですね!。センターメーターも軽も経験ないですが最近カーシェアを利用するようになって、試乗で良い印象でもカーシェアで逆転することが多いです。ビッツのように身の危険を感じる車もあり(笑)

一番危険だと思うのは視界や見切りの悪い車、たとえばスイフト、デミオ、ベンツワゴンは危険税徴収してください(大笑)。次に嫌なのは加速できない車。120Km程度で流れる今時の高速事情、そこから思うように加速して危険回避できない車は恐いです。もちろん止まれることは大前提。

最後に雨のエコタイヤ。これが一番危険ですね。デミオを借りた時に雨だったのですが滑るというより浮いたようにグリップしない恐怖を味わいました。エコタイヤを装着した車は雨の時は80Kmどころか60Kmでリミッターかけて高速侵入禁止にすべきですね。どうか、心あるメーカーはコストをけちって転がり抵抗だけを減らしたようなタイヤを装着しないで欲しいと切に思います。

好き勝手ですいません。月曜休みにしましたので明日からお山に行って心を入れ換えて蘇生してきます(笑)
Commented by Serow at 2013-10-20 09:43 x
先日、交差点でぶつけてしまいました。
ハイエース標準ルーフ、ルームミラーが左前方にかなり大きな死角を生みます。特に交差点で左右確認しようと前にのり出した時です。ルームミラーが何であんな下についているのでしょう?ま、標準より座高が高い、昔の日本人体系なのが一番の原因かもしれません。
視線移動繋がりで・・・
Commented by soulsurfer1964 at 2013-10-21 22:08
マンセルさま
久しぶりゆっくりお会いできて良かったです
素晴らしいラストになりました、最後水が止めてあったのは笑えましたが・・・
日本の高速道路には軽からスーパーカーまで同じ土俵で走ってます
126ccのオートバイから5000ccを超える車までそこに既に無理があるのでしょうね
常識的なレーンを守ってくれればいいのですが????
まあ無理な話ですよね
転がり抵抗がいいと言う事は雨の排水性を求めるのはパターン的に無理がありますよね
燃費を取るか安全性を求めるか最近の世間ではその答えは燃費なんでしょうね
リプエースのタイヤはエコと真逆パターンの農道パターンですが
先日の台風では浸水した道路で凄い威力を発揮してくれました
沼地を走るには最高のパターンですただ転がり抵抗は最悪です(笑)
来シーズンもまた宜しくお願いします。
Commented by soulsurfer1964 at 2013-10-21 22:18
Serowさま
ぶつけましたか・・・あのルームミラー確かに嫌な位置ですよね
ハイエースのフロントガラス結構高さがないですよね
もっと足が短くてもいいかな・・・と私も思います
車のフロント部分にはいろいろ邪魔になってしまうものが多いです
ぶつけて初めて気がつくのかも知れません
ルームミラーを外してしまうわけにもいかず難しい話ですね
視線移動のしやすさは車選びに大切な要素だと思います。
Commented by マンセル at 2013-10-22 03:40 x
ふいのご登場でびっくりしました。やはりオフラインでじっくりお話できるのはいいですね。結局4時半頃から寝て22時にビブリ出発で帰ってきました。

今回初めてトラベルボードコンピュータでビブリ我が家間を計測したのですが、186Km 2時間 燃費7.6Km/Lでした。走るならやっぱり朝方がいいですね。2、3Km差で懸命に追い越しするトラックの台数がとても多くていつもより減速加速が多くて時間も燃費もかかったと思います。私にとっては十分にエコカーです(笑)

例のトライクですが、
http://www.piaggio.co.jp/piaggio/model/index.html と
http://www.campagnamotors.jp/trex14rr-info.html です。

いずれも通勤向けじゃあないですね(笑)
Commented by soulsurfer1964 at 2013-10-23 21:28
マンセルさま
カンパーニャマニアックですね見た事があります
これをお持ちとは・・・・マニアックどころか変人(爆)きてますね~
ピアージオは通勤で乗ってる人を見かけますなかなかおもしろいコーナーリングするのが印象的です

燃費7・6kmですかハイエースといい勝負ですね
全く性格が違う車ですが(爆)
今シーズンはお世話になりました来年もまた宜しくお願いします
<< 2013ラスト 漆黒のラストビブリ 今夜くらべてみました(新型タン... >>