カーゴトレーラーの可能性(ノバテクノAC400)帰宅

17年のお盆は滞在中は全て雨の例年にない気候だったが
ノバテクノAC400のお陰か雨の影響が少ない快適キャンプになりました
当初は蓋付きでない他メーカのシートで覆うタイプのカーゴでもいいかな?と思ってましたが
雨のキャンプには蓋つきのカーゴトレーラーが必衰だと感じました
シートで覆うタイプの手間を考えると雨キャンにハードカバーは手放せないと
遊び疲れて帰路に付きましたが雨の高速でも以前の小型キャンピングトレーラーのようなストレスは全くなく
帰路200kmの牽引も首都高のカーブもスムーズに走り抜けるカーゴトレーラーに進化を感じました
足回りやその他。。。通常の自動車のように進化しているのだと思います
やっぱこの手もヨーロッパ勢には勝てないようですね
帰宅してからカーゴを切り離しトレーラーを車庫へ収納しましたが押すのも本当に楽々です
牽引車の車内には以前のように荷物がなくキャンプ道具や長くつやらは全てカーゴ内なので
深夜到着しても荷物を牽引車から降ろすのが楽で体力的にも余裕がありまだどこか行けそう(笑)
今回このカーゴを購入したのはキャンプだけでなくもっと気軽に使用するのが最大の目的
また違うシチュエーションでの感想を書きたいと思ってます。


[PR]
by soulsurfer1964 | 2017-08-16 09:12 | カーゴトレーラー | Comments(2)
Commented by マンセル at 2017-08-16 15:41 x
トーションバーのイタ車への乗り換え大成功おめでとうございます! 車バカの間でもSタイヤ、ウマ、ジャッキ、コンプレッサーなどの大道具運ぶのに使われてるようですね。ロクデナシ号に引かせるのは・・・無理ですが(笑)

ロクデナシ号も、実家の親父お袋の介護で遠からず往復1,300Kmするようになりそうなので、全天候耐雨耐暑型の信頼性がある車に換えなきゃです。寂しいですがようやく大人になれる機会かもしれません(大笑)
Commented by soulsurfer1964 at 2017-08-19 02:38
> マンセルさん
エンジンの付いてないトレーラーでも着実に進化してますね
ハイエースは未だにリーフです牽引車の足回りが時代遅れです(笑)
ご実家の介護大変ですね、我が家もカミさんのご両親はいませんが
自分の両親は同じです近県ですがそれでも仕事を持つ身ですといろいろ大変です
良い相棒にあえるといいですね
それこそ自動運転必要になりそうですね。
<< 季節は秋 カーゴトレーラーの可能性(ノバ... >>