2017年 07月 01日 ( 1 )

謎のしっぽ。カーゴトレーラー

ニワドーを手放しある物を見に三郷へ
人にはいろんなスタイルがあるそれは年齢や環境・仕事によっても変化していく
以前はハイエースにキャンピングトレーラーのスタイルだったが
2代目制作のハイエースがあまりに出来が良く使いやすくなりキャンピントレーラーの
出番が減った
仕事もまさかさらに多忙になり連休も減りリプルは高齢のためトレーラーのベッドにのる事ができなくなった
いろんな条件が重なりトレーラーを手放した

2年位前からなんとなくキャンピントレーラーを手放しカーゴトレーラーを牽く構想は
もやっと頭の中に
カヤックやカヌーそしてSUP海遊びをしているとPFDやパドルいろんな濡れ物が多くなる
1人ならいいのだが2人だと着替えなど含めるとそこそこ荷物が車内を占領する
何か下ろすのに他に荷物を移動させてなど乱雑になってくる
キャンプも小道具をだいぶ減らしたが車内をそこそこ荷物が占領する
この微妙な量の荷物がなければ車内で結構快適に過ごせるなと・・
濡れ物やゴミ系は社外に出せれば帰ってから片付けも楽だしいろんな考えがあった
屋根にカヌーが乗ると荷物を載せる事ができない
そして何より車輪が付いた倉庫として使えるのが魅力的だった

駐車場は問題なし維持費も軽自動車登録で車庫証明もいらないし安い
欠点はトレーラーを牽く事による運転のわずらわしさである
速度が出せない・コンビニは入れないなどである
だが最近は高速でも100km位しか出さないしコンビニは小型のカーゴトレーラーなら問題ない
物事には必ずメリットとデメリットがある
デメリットを越すメリットがカーゴトレーラーにあるのか?それを考えたのが2年前
考える時間は十分にあった
答えは出た

条件はカーゴトレーラーとして大きすぎないサイズである事
スペアタイヤが付属していて足回りが積載・高速走行に余裕あるスペックである事
蓋付きで雨風を簡易的にも防げる事
この3つが条件であった
特にサイズはどうしても見た目や余裕を持たせたい気持ちから大きくなりがちだが
今回は日帰り程度でも牽いて活用させるのが目的だからサイズは最後まで悩んだ
そして物を見に三郷まで
なかなかいい大きさでカーゴトレーラー生活が始まりそうです。
e0142754_13380578.jpg
e0142754_13383313.jpg
e0142754_13385942.jpg


[PR]
by soulsurfer1964 | 2017-07-01 10:13 | カーゴトレーラー | Comments(0)