2017年 08月 13日 ( 1 )

カーゴトレーラーの可能性(ノバテクノAC400)

初牽引のカーゴトレーラーノバテクノAC400だが・・・マイナーカテゴリー
今まで知らない世界だったがカーゴトレーラーが新しいキャンプスタイルの流れを作るかも?
そう思わせるほど見た目が地味なこの箱に可能性を感じました
以前から聞いていた事だが
牽引車に荷物を積むよりカーゴトレーラーに荷物を積んだ方がスムーズな牽引が出来る?
そんなアホな・・・総合的な重量は変わらないだろうし走りが変わるわけないと思っていたが
大型なキャンピングトレーラーなら話は違うだろうが
積載量300kgのこの箱だと今までハイエースに載せていた荷物を全て移動させると
牽引車の負担が想像以上に減り街中・高速がスムーズに走れるように
トレーラーを牽引してる感は全くなくスムーズ
このトレーラーを決めた理由がAフレーム・トーションバーサス・慣性ブレーキ・スペアタイヤが標準
特にリーフじゃなくトーションバーサスの支援は大きいと思う
ハイエースですらリーフだからトレーラーの方が跳ねないサスを使用している事になる

今回は雨しか降らないキャンプを4日ほどしてきたのだが
まあ雨キャンが好きか?嫌い?は別として
我が家は雨キャンは涼しくてピーカンより好きなのだがやはり雨キャンは濡れるイメージは拭えない
何故濡れるのか?
・車からサイトに荷物を運ぶのに濡れる
・細かい道具を車に何度も取りにいくので濡れる
・サイトにある荷物やキャンプ道具が強い雨や横風の吹き込みで濡れる
・設営・撤収で雨が止まず濡れる
などが主な原因
雨の撤収で車を横付けする方法もあるが荷物を入れるレイアウトも面倒で結構濡れたりする
ところが今回カーゴトレーラーをタープ下にダイレクトに放り込み使用したが
主要な荷物はカーゴ内に全てあるので車に取りに行く必要性がなく濡れる事もなく
距離が近いから非常に楽であった
雨や吹き込みが強くなれば荷物は全てカーゴへ
買い物不在時天気の急変が心配なら濡れて欲しくない荷物は全てカーゴへ
設営・撤収もカーゴの四方から荷物を出し入れ出来るから効率がいい
荷物のレイアウトややり直しも自由で
まさしく移動できる倉庫としてキャンプやその他にかかせない道具の1つになりそう
唯一の欠点は自宅での置き場所・軽登録の維持費・高速が中型料金などだが
自宅の帰ってもシーズン中なら基本荷物はカーゴの中だから片付けも楽
コストパフォーマンスを見出せる方なら最高の1台になりそうな
マイナーカテゴリーのカーゴトレーラー

キャンピングカーやトレーラーと違う新たなカテゴリーとしてヨーロッパと同じく
定着する日が来るのかも?知れない
後は使う人次第で可能性はもっと広がるのかな。
e0142754_10524514.jpg
e0142754_10531546.jpg
e0142754_10535122.jpg
e0142754_10545604.jpg
e0142754_10542599.jpg
e0142754_10552314.jpg
e0142754_10555354.jpg



[PR]
by soulsurfer1964 | 2017-08-13 18:46 | カーゴトレーラー | Comments(0)