カテゴリ:未分類( 13 )

ついに30年

4月末にオープンするビブリ
今年でついに30周年!我が家は15年目だから半分は過ごしてきたことになる
いま思えばキャンプなんか全く興味のない世界で
今も続けている事が自分でも信じられないしこんなに長く続くとは自分でも笑える
サーフィン一筋で来た生き方が変わったのは今年で15歳を迎えた愛犬リプルのおかげであろう
リプルのおかげでいろんな人と出会い繋がりが出来てみなさまには感謝の言葉しかない
犬とは不思議なものでいるだけで普段全く話さないであろう人と人をつなげてくれる
素晴らしく偉大な生き物だと感じる

15年が経ちいろんな人と出会うことができた
辞めるひと新しく入ってくる人いろんな人との出会いがあった
そんな中で今回辞めたと思っていたご夫婦と偶然にも再開。。。10年振りか。。。とにかく記憶がないぐらい久々
そのご夫婦も我が家が辞めたと思っていたようでお互い出会ってびっくり!
思わず握手を求めてしまった、それぐらい久しぶりに嬉しかったのである
お二人とも昔と変わらず素敵なご夫婦で昔を思わずふりかえってしまった
ひとつの事を長く続けるの仕事でもない限り難しい事だが
長く続ける事で人から吸収できることがあったり素敵な人柄にふれて尊敬できる事がいろいろあったり
15年間でいろんな事を教えていただいたり続けていて良かったと思うことが多いです
それは自分の生き方にも少なからず影響を与えていると思います
e0142754_15361566.jpg
e0142754_15375731.jpg
e0142754_15370573.jpg
e0142754_15383164.jpg
e0142754_15390162.jpg




[PR]
by soulsurfer1964 | 2017-05-05 19:01 | Comments(2)

またまた

久しぶりの転勤で職場が異動になり睡眠時間を削られる毎日
犬達の朝散歩もあるのだがなんと4時起きの帰宅は早くて22時遅いと23時近く(笑)
この歳にしてアイドルと同じ睡眠時間になるとはヤマト運輸も怖くない(爆)
マニフレックスのおかげで短時間でも効率のいい睡眠がとれるようになった
マニフレックスに出会わなければ間違いなく過労で死んでるな・・・笑い事では済まないか

久しぶりのお休みに例の場所へエネルギー補給に
ここのうなぎと鴨肉が最近のスタミナの源
今年は1度もカゼになることもなく体調は万全だった
やっぱ食べ物は粗末にしてはいけない
このお店のおかげである
また来月もお世話になります。
e0142754_21205922.jpg
e0142754_21212799.jpg
e0142754_21215172.jpg
e0142754_21221976.jpg
e0142754_21224092.jpg


[PR]
by soulsurfer1964 | 2017-03-15 21:23 | Comments(0)

高齢犬用マットレス(マニフレックス マニベビー)


我が家の愛犬リプルが来てもう15年が経つ
人間なら相当な高齢で老人ホームに入っていてもおかしくない年齢(笑)
人も犬も高齢になれば関節がすり減り立つのがおっくうになる
睡眠でいかに疲労を回復させ免疫をあげるのが重要なのかはここのところ痛感しているが
高齢犬にとってのいいマットレスとはどんなものか?いろいろ考えていた

ペット系の通販雑誌に高齢犬に最適!とかのうたい文句でやたら高い商品が無数存在する
材料やクッションの材質を見てもなんでそんな高い値段になるのか不思議なのだが
消費者の心理や高齢犬の狭い商品市場からすると高くても注文せざるおえない心理をみすかした商売なんだろう
ようは質の問題より利益があがればなんでもいいの商売
だが本当に犬達を大切にしたいメーカーのポリシーが見えなければやがて売れなくなり自滅すると思う
以前からこのやたら高いだけのマットレスには相当疑問をいだいていた
だがコストコなどの沈み込みが激しいマットレスが高齢犬にいいとは思えない
ある程度の固さがあり面圧が均一で床ずれしずらく立ち上がりやすいそんなマットレスを探していた
そこにいきなり現れのが三島のうめな寝具さんで見つけたマニフレックスのマニベビーである
そもそも赤ちゃん用のマットレスで大きさが70×120肌に優しい素材と製法優れた通気性と保温性のマットレス
クロスのキルティング生地でなんとクッション部分は5年保証である
そして定価が¥11000(抜)のお値段
この作りの良さと適度な反発力そして5年保証いったいあの通販インチキマットレスはなんなのか?(笑)
見つけてびっくり!思わず購入

実際使用してみるとコストコマットレスと比較すると起きあがるのに高反発のため沈みこみがすくなく立ち上がるのが楽なようだ
最初のよっこらしょ!が凄い楽なようでお水を飲みたい時おしっこでトイレシートに向かう時も以前より立ち上がる速度が早くなった
寝ている時も体圧分散が均一になるため関節が体重で変に曲げられることなく体を楽な姿勢にしてくれるようだ
この値段でこのパフォーマンスさすがマニフレックスというとこだろうか
ただ犬にも柔らかいクションがいいなど個犬差があるのでそこは個犬の評価は聞けないからわからないが(笑)
高齢犬にはいいマットレスだと思う滑りにくい防水カバーをつけてあげれば完璧
ついにマットレスマニアになりつつある今日この頃
人間も犬もマニフレックスに助けられています。
e0142754_21051411.jpg
e0142754_21045022.jpg
e0142754_21094266.jpg



[PR]
by soulsurfer1964 | 2017-03-11 20:37 | Comments(0)

あの世の人達

2017年も気がつけば3月
今年も忙しい・・・異動で職場閉鎖にともなう引っ越し作業に追われる毎日
休日出勤だらけで休みが見当たらないとりあえず残業はつくだけましだが
この人使いの荒さはとても某有名メーカーとは思えない(新人の頃から25年近く経っても変わらないが・・)
ブラック?いや最近流行りの外装からすれば艶ありのブラック企業と言うところか(笑)

そんな追われる毎日の中で昨日の事
久しぶりに出会った。。。他の同僚は19時で居なくなり30分が過ぎた頃
誰もいないはずの2階工場フロアからキャディ(キャスター付きの工具箱)をひきずる音が聞こえる
私は1階のフロアで事務仕事をしているので2階のフロアの音が頭上でわかる
誰もいないはずだから普通ならびびるのだが。。。私的には久しぶりにいらっしゃいましたか。。。そんな感じ
この職場は江戸時代の首切りの処刑場が近いため昔からそんな現象がよく起こる
世間で流行りのラップ音からガラスドアから人が覗いてる気配を感じたり誰もいない通路を何かが横切ったり
まあ怪奇現象と世間ではよばれている
私は霊感は強くないがこの場所は別だ・・・霊感がない人でも感じることができる
多分霊道でありいろんな思いのいろんな人達がさまよい横切っているのだろう
出るようになるのは他の同僚が帰り1人っきりになり誰もいなくなったときで30分後はいつもの時間である
最近は会わなかったが本当に久しぶり職場閉鎖になることに向こうの世界の人達が気づいたのか?不明(笑)
しかしもう慣れていて恐怖心も何もない(爆)それより仕事が溜まっている手伝って欲しいのが本音(大爆)
江戸時代じゃ言葉通じないか?エクセルもワードもないし・・・ただ筆文字は達筆か?バカなことを考えている時間が惜しい
そんな職場とももうすぐさよなら。。彼らとも会うことはなくなるだろう
出てくれるおかげで眠くもならず良い緊張感で仕事ができた、あの世の人達に最後は感謝ですね。


[PR]
by soulsurfer1964 | 2017-03-04 07:02 | Comments(0)

そして練習は続く。

MTBの地味なトレーニングが続いている
年齢を重ねても体は反復練習すれば不思議に慣れてくるものだと実感
ロード系との最大の違いは重心の意識ではないだろうか
前後左右はもちろん体重移動やバランスの取り方がもの凄く難しい
昔波乗りを初めた頃に横浜の三ツ沢公園に会社帰り深夜立ち寄りスケボーに没頭した日々を思い出した
急坂下だりにだいぶ慣れてきたのも束の間下ってみたらそこは土の土手ではなく
ブロックの壁だったりして(笑)草が生えてるから区別がつかずタイヤはグリップせず滑り落下(爆)
プロテクターとヘルメットはしてるからたいした怪我もなく良かったです
先日載せた動画で岩肌を下るシーンがあったがあれは相当高度なブレーキテクのようです
タイヤがロックする寸前を指先で感じながら下って行くブロックの壁も練習した方がいいみたいですね
今回から基本中の基本スタンディングも加わりさらに楽しくなってきました
しかし何故MTBにこんなにはまってしまったのか???不思議です
e0142754_2153559.jpg

崖下だり専用練習場(笑)これはまだ斜度の緩い簡単な崖
e0142754_2154749.jpg

e0142754_2158964.jpg

広大な敷地に一面の砂利道かなり滑って楽しい走りが出来ます

e0142754_221288.jpg

今回からスタンディング専用の練習場も出来ました、しかしこれが一番太ももパンパンで疲れたりして
e0142754_2234730.jpg

[PR]
by soulsurfer1964 | 2014-12-08 22:01 | Comments(2)

南伊豆ロングツアー(鍋田浜~竜宮窟)

最近TVに出るようになったつぼやさんで美味しいランチをいただく
昔ながらのお店だが非常にセンスが良く素敵なお店です、凄い物件も紹介してくれたり(笑)
鍋田浜を出発して多々戸浜沖を通過、昔しょっちゅう波乗りした場所なので沖から見ることに優越感
ワンダのある大浜沖を通過してサンドスキー場あたりで鮫と出会う
トビウオは無数飛んでいるのだがいきなり予告なしで鮫(爆)これも南伊豆の大自然のなせる技だろう
神秘的な竜宮窟に入り見所満載のロングツアーもあと少しパドル疲れがほとんど無い事が意外
これだけ驚きの連続だから体も麻痺しているのかもしれない。
e0142754_3381489.jpg

鍋田浜を出発
e0142754_3383324.jpg
e0142754_338507.jpg

多々戸浜沖
e0142754_339714.jpg
e0142754_3393050.jpg
e0142754_3394837.jpg
e0142754_34043.jpg
e0142754_3403518.jpg
e0142754_3405031.jpg
e0142754_3411257.jpg

鮫と遭遇する・・体長2m前後かな?
e0142754_3413016.jpg

サンドスキー場
e0142754_3414635.jpg

竜宮窟
e0142754_342454.jpg
e0142754_342335.jpg
e0142754_342527.jpg

[PR]
by soulsurfer1964 | 2014-05-26 03:42 | Comments(0)

リプエース2 その② 2シーターへのこだわり

初代のスーパーロングより長さが50cm近く短くなり以前と同じレイアウトは難しくなってしまった
代替え理由は機動性の高い4WD+かみさんも運転出来るハイエースということもあり小さくなった分レイアウト変更を迫られてしまった
そこで考えたのが運転席+助手席以外シートは要らない2シーター仕様のハイエース
それでも全て荷台に使用するのではなくベッドを作り補助的に座るイスを設置と言うのが最初の考え
そこから運転席&助手席の後ろにBOXを作りその中にFFヒーター・スピーカー・サブバッテリー全て内部に入れそのBOXを座れるようにしよう!そんな発想が浮かび上がった
これを考えたのは私ではなくイデアベースさん・・・さすがです
今回FFヒーターの温風出口は以前下向きで犬達に温風が直接あたりすぎていたため今回は上向きに取り付け
その操作パネルにドリンクホルダー・FFヒーターのスイッチ・そして夜間室内を照らす調光式LEDテープランプ
のスイッチをまとめてみました

初代ハイエースはベッドに昇るのに後席があったため不自由しなかったが今回後席がないため
昇るのに段差があり人も犬達も苦労する
そこで補助シートにもなりベッドに犬達でも楽に上り下りが出来るステップを作ってみました
これがなかなか使いやすくて2シーター車には必要かな・・・と思います
後席は必ず必要・・・それは究極の遊び車には不必要かな?そんな事を車屋としても思いました
今やハイエースも似たようなレイアウトが多い時代 次に来るのは意外にも2シーターなのかも
今度はスーパーロングの2シーター(笑)是非とも試してみたいですね。
e0142754_8332724.jpg
e0142754_8344495.jpg
e0142754_8353587.jpg
e0142754_8362017.jpg

最近流行りのLEDをBOXに仕込んでもらったこれがなかなかGOOD!
e0142754_8365914.jpg

以前足元にあったFFヒーターダクトは犬達のために上向きへ
e0142754_837352.jpg

BOXの中には非常停止版・バッテリーケーブルなど緊急アイテムも入っている
e0142754_8381798.jpg
e0142754_842492.jpg

補助シートにもステップにもなるこのアイテムちなみにシートベルトもついてます(笑)
e0142754_8433811.jpg
e0142754_8445540.jpg

前席に必ず行きたがる犬達が破壊しないよう(笑)ちなみにシマムラで500円です
[PR]
by soulsurfer1964 | 2013-04-22 13:48 | Comments(0)

悪い流れ

2012年も終わろうとしている
今年は本当にたくさんの大切な方を失った1年だった人もそして犬も・・・
まあ年齢的にそうなのかも知れない
どんなに祈ってもダメなものはダメ・・・負の流れを変える事は出来ないなんでもやはり運はつきまとう
こればかりは金の力でも解決できないものそんな事を特に感じた1年だった

そして最後にやはり来たか・・・そう思う出来事があった
12月で11歳を迎える我が相棒のリプルが突然の下痢と嘔吐を繰り返す
ここまでひどい症状は初めてだった
どちらも最後は血が混じり最後はついに水さえ拒否するようになった
以前バルボに感染した症状に似ている感もあるがあまりにも酷すぎる1時間おきの嘔吐と下痢
翌日病院に連れていった点滴その他薬剤を打っても症状に変わりなしこの時思った今年の最後はこれかと・・
最後に大切な相棒を失い1年を終える今年はそんな年かと流れに逆らっても無駄なのかと

症状が改善しないので入院になった検査の結果は急性膵炎だった
この病気は初めてだが流れが変わると最悪の事態に向かう可能性が高い病気11歳を迎える前に終わるのかと心構えは既に出来ていた
入院したが慣れないリプルは1日中吠えっぱなしで(苦)どうやらほとんど寝ていないらしい
電話で話しても奴の吠える声が聞こえてくるその声もかすれてきていた、そこで1度自宅に戻る事になった
だがやはり下痢と嘔吐が止まらないベビーポカリには少し口をつけるが症状は相変わらず
そしてみるみる痩せてきてしまってあの貫禄もなくなってきてしまった

先生に相談すると急変する可能性もあるから再度入院させましょうとのアドバイス
以前我が家が犬達を迎えるまえにウサギを飼っていた時期があった
そのウサギが亡くなる時最後まで精神誠意尽くしていただいたのが松戸にある小金原動物病院の院長先生
まあこの先生に任せて終わるなら私も本望だった
そこで再度入院させる事に

私も年末で一番の多忙の時期でリプルの容態が急変するかわからないので自宅では寝袋で添い寝していた
仕事を終え深夜帰り1時間起きに様子を見て早朝会社に向かうここまでの状態に陥ると疲れるどころか
なんだか笑うようになった、相当ギリギリの状態であるまあ生きてるのを確認できるのが幸せだったのだと思う
まあ飼い主としては当たり前で誰でもそうするであろう大切な相棒なんだから
添い寝してないと呼吸の乱れや急変が判りずらい寝袋は結構熟睡出来た

再度入院したが相変わらず吠え続けている(苦)お見舞いに行った時先生から提案があった
とりあえず嘔吐や下痢も止まり回復傾向に多少あるから自宅で様子を見る事にしましょうと
かみさんも精神的にかなりまいっているがやはり戻ってくるのは一番嬉しい先は読めないが自宅療養になった
かみさんが仕事を早めに終え毎日病院で点滴と注射の繰り返しそして嘔吐と下痢も止まり
ふやかした療法食とベビーポカリを毎日欲しがるようになるまで回復してきた
まだこれからの流れに油断出来ないがとりあえず回復傾向に向かっている
そして今年を終えようとしている
年末のスケジュールは全てキャンセルして今年は珍しく家で正月を迎える事にした
お忙しい中常にベストを尽くしてくれた小金原動物病院の院長先生そして副院長先生に感謝して
ありがとうございましたその一言しか浮かばない
流れを変えてくれたのは飼い主ではなくこのお二人の行動力だろう

でも今年は失ったものも多かったが新たに素晴らしい出会いに恵まれた年でもあった
何故か全て年下だが(笑)年齢に関係なくいろいろ新しい事を吸収する機会に恵まれた
それには生きてるだけで感謝したい来年はどんな流れが待ち受けるだろうか
でも私は五体満足で生きているただそれだけでも贅沢だと自分で思う
その程度で幸せだから自分でも恵まれた性格だと思っています(笑)
[PR]
by soulsurfer1964 | 2012-12-17 14:20 | Comments(10)

クロエの里帰り

2頭目を迎える時は正直相当不安であった
1頭目は手探り状態の中自然に連れ出しなんとか犬として満足してる生活は出来てると思う
だが2頭同時に果たして自分で出来るだろうか?
自分一人で2頭の呼び戻しが大自然の中可能なのだろうか・・・いろいろ不安が付きまとう
私の持論だがこの活発なレトリーバーと言う犬種を迎えるなら飼い主には相当な覚悟が必要だと思う
朝・夕の散歩は当然の事普段休みの日可能なかぎりつきあってやらなければ彼らを満足させる事は到底不可能
飼い主には体力・判断力・そして人並み以上の行動力も必要だと・・・部屋でおとなしく飼う犬種では絶対ない
それが無理なら散歩もあまり必要ないタイプの小型犬と暮らせばいい
言葉は悪いが本当に迎えるなら迎える方も覚悟と腹をくくれ!未だにそう思っています
犬種を選びを考える前に自分はその犬種にふさわしい行動力・スタイルを彼らが死ぬまで続ける事が出来るのか?
まあ言葉がきついが命の問題なのだし生きても14・15歳短いが太い犬生を過ごさせるには当然の覚悟だと思う
よく〇〇が忙しいから無理とか?理由になるがそれはどうなんだろう
普通は〇〇は忙しいけど何とかしようじゃないのだろうか・・飼い主が決める犬の犬生
何かを理由にするなら迎えてはいけなかったのではないだろうか
最近放棄犬を迎えてる方の話を聞くとそう思いますそんな私もぽっくり逝ったらこいつらどうなるんだろう
考えれば考える程今でも答えが出ないただ休みの日は相棒2頭と突っ走るのみ(爆)
それが今の答えです。

そんな私の不安をとり除いてくれたのが岐阜にある国際犬訓練所のMさんでした
2頭目の要望はリプルよりも小ぶりな女の子・・山の中で登山者に会うとリプルサイズが2頭だと向こうにも緊張が走ります
クロエを迎えさまざまな方々とフィールドで出会いましたクロエ効果は絶大で小ぶりそして女の子
初対面の方はこれでだいぶ緊張がとけます人懐っこい性格もいいようです
このMさんが多数いる犬達の中から見事な選択をしてくれたおかげで2頭目はクロエ以外他の犬は見ませんでした
それほど我が家にはぴったりのラブラドールがやってきました
犬が合う合わないは家族にとって非常に重要な問題だと思いますMさんのおかげで今のスタイルがあるのかなそんな風に思います
Mさんありがとうございましたお礼してもしきれないほど感謝しております

クロエの情報はあまりなく徳島県で生まれ母犬は徳島で父犬は岐阜の国際さん
兄弟犬がどこにいるかは私の性格上全く調べもせず(笑)諦めておりました
そんな中今回わざわざクロエの兄弟犬(聡 そう君)が来てくれるとの事
訓練所のドックランでお会いしていろいろお話をお伺いしました
クロエは6頭生まれた末っ子で一番小さいそうです
そう君とやはり顔が似ており元気一杯の男の子でした
クロエとそう君はご自宅で一緒に過ごした時期がありその写真も多数拝見しました
やはり兄弟写真を見てると血は同じなんですね~笑える写真がたくさんありました
そんな貴重な写真を何枚もいただきまして・・・(汗)ありがとうございました
早速専用のアルバムにいれさせていただきました宝物です

そう君にはお兄ちゃん犬(快くん かい君ラブラドール)がいたのですが残念なが今年2月亡くなったそうです8歳でした
快くんのお父さん犬は我が家のリプルと同じでリプルと同じ顔をしておりました
往年8歳家族の見守る中一瞬の出来事だったそうです一度会って見たかった逞しく優しいラブラドールの顔でした
快くんもリプルが似てるのか?同じ雰囲気がするのかリプルに興味深々(笑)
まあ血が繋がってるから判るんだよね
聡くんご一家の皆様貴重なお時間の中ありがとうございました
まさかクロエの昔をこの機会に知る事が出来るとは感謝しております
またお会いしましょう

帰り際国際さんで生まれたラブラドールを抱かせてもらいました
こんなに小さいのに1頭1頭既に個性が違い活発でやんちゃな子ちょっと抜けてそうなリプルみたいな子(笑)
小さいですが命の重みを感じました
私がブリーダーだったらこの子達が欲しいと言われたら飼い主に多分凄い適正テストしそうな気がします
100m何秒で走るかとか・・・朝は何時起きとか・・・中禅寺湖1周できるかとか・・(恐ろしい・・笑)
私にはブリーダー無理ですね

クロエの里帰りは素晴らしく思い出に残る里帰りになりました
訓練所のMさん・そしてそう君ご一家の皆様ありがとうございました
またお伺いしますその時はよろしくお願いします
本当にありがとうございました。
e0142754_2230343.jpg

e0142754_225415.jpg
e0142754_225394.jpg
e0142754_2272475.jpg
e0142754_2285367.jpg
e0142754_2294020.jpg
e0142754_22101646.jpg
e0142754_22105264.jpg

[PR]
by soulsurfer1964 | 2012-05-06 18:22 | Comments(4)

孤独のグルメ(笑)

e0142754_1561395.jpg
孤独のグルメの存在を知ったのは私のB級グルメ師匠マンセルさんからだった
この漫画なかなかいい・・・個人で輸入雑貨商を営む井之頭 五郎が主人公の漫画なのだが
この主人公の雰囲気と1人で食べる店のセレクトがたまらない(笑)
決しておしゃれな高級店ではなくまさしく胃をくすぐるような店の雰囲気とメニューの数々
TV化され松重 豊さんが主人公で先日まで放送されていたがまたこの松重さんの食べっぷりと雰囲気が素晴らしく(笑)どっぷり浸かってしまった
今回その孤独のグルメに出てきそうなお店を発見しました

相棒達と旅をするとお店でゆっくり食事をとる事ができない
それは・・・日本で1番盗難率の高い車がマイカーだから(汗)この車私でも5分あれば盗む事は可能
やり方はさすがに書きませんがとにかく盗みやすいし海外では大きくて荷物が載るし重宝される車である
だが食事場所の目の前に車が見える場所なら食事をする事は可能
今回は物凄い体力を使っていて毎日湖畔を20kmほど漕ぎさらに上陸して歩いているから10kmぐらいは歩いている
とにかく中途半端な食事だと体力が持たない帰宅して体重計に載ったらあれだけ食べているのに2kgも落ちていた(笑)
いつも停めるフェリー乗り場の脇にその場所はあった
ここなら店の前が駐車場だから食べていても車が見える奴らを残しても安心して食事が出来る
1日行動して昼飯らしきものにありつけるのはだいたい毎日16時位
そんな訳でこのお店に2日間お世話になった

釣り船屋とおみやげ+食事を営むこのお店食堂に入って驚くのは中禅寺湖で釣れた魚のはく製の数々
数も凄いのだが大きさも凄い昨年辺りだろうか?1mをゆうに超すはく製にはこの湖にこんなでかいのがいるなんて・・・神秘の湖である
他に地元の人がまちぶせで撮った鯉を咥えた熊の写真など観光地でありながら未だいろんな野生動物が住むこの場所の写真もかざってある恐れ入りました

初日のメニューで惹かれたのがカツ丼でもカツカレーでもなく私にしては珍しいカツ煮定食
大きいカツとそれにかかる半熟たまごそして薄切りの玉ねぎがおいしいだしとマッチしてご飯が進む一品
地元の物だろうか付け合せの漬物と白だしの独特の味噌汁
カヤックで疲労した体にこの定食が染みこんでいくおかげで夜はゆっくり寝れました
2日目はヒメマスの唐揚げ定食川魚にしては珍しく頭から尻尾まですべてパリパリと食べれる一品
魚の臭さは全くなくまるで鮭でも食べてるかのような厚い切り身で最初小ぶりかな?と思ったが
かなりボリュームがあり最高においしかった
残念ながら天然物はもう当分いただけないようでこれは養殖物でした
このお店の良い所はテーブルから見える夕方の中禅寺湖全景と釣り船屋も営むので
もしかしたら昼はカヤックを停泊させて外のテーブルで犬達と食事を取れる事
まさしく孤独のグルメに出てきそうなそんなお店でした
また食べてみたいと思います。
e0142754_1561675.jpg
e0142754_1564944.jpg

e0142754_158781.jpg
e0142754_1582970.jpg
e0142754_159064.jpg
e0142754_1591879.jpg
e0142754_1593775.jpg

[PR]
by soulsurfer1964 | 2012-05-03 01:55 | Comments(0)