カテゴリ:☆☆☆0星三流グルメ( 64 )

890円

いつものSUPの帰り気になるお店が
看板は古臭く駐車場は砂利で開いてるのか?閉店したのか?とても入る気がしない外観
それが昼前に通過すると凄い車の数。。このお店営業してたんだと思いながら
何度か通り過ぎる
それがニコニコドライブインとても素人には入店してはいけない特別な空気を感じていたが(笑)
朝9時から営業しているのでSUP帰りに入店
しかしこの時頼んだ煮魚定食が正直?で値段も¥1000これは外したなと思いつつ
いろいろ調べるとどうやらラーメンとアジフライが王道なようで
再びチャレンジ今回はチャーシューメンとアジフライのオーダーにしてみました
店内に入るとオバちゃんに若い店員さんに結構な従業員の数
いかにも田舎の食堂的雰囲気でトラック運転手や若くない観光客カップルや地元の人
で活気に溢れオバちゃんとお客さんの会話を聞いているといい感じのお店
この時速報で麻央さんが亡くなったニュースがでる
この時に会話したこといがないお客さんやおばちゃんが故人を偲ぶ話しをしてるのを見て
この店いい店だなとなんとなく感じました

そして本題のチャーシューメンとアジフライですが
この地は竹岡ラーメンで有名な竹岡にあるのですが本道の竹岡ラーメンよりスープは薄めで
個人的には濃くなく薄くなくいい感じの醤油味そしてチャーシューの厚切りが5枚?6枚?
これで¥600弱のお値段ですからびっくり!
このラーメンにアジフライを組み合わせるお客さんが多く
近くには有名なサスケなどアジフライが有名な土地柄ですがメインじゃなくサイドメニュー
の小ぶりなアジフライがまた絶妙ないい感じを醸し出しています
ふっくらしたアジフライにはキャベツとポテサラがつくのですがポテサラがうまい!
今度単品でオーダーしようかと思いました
この2点の組み合わせで¥890。。。これには驚き
まだまだ開拓してみたいニコニコドライブインです。
e0142754_09382047.jpg
e0142754_09384226.jpg
e0142754_09390746.jpg








[PR]
by soulsurfer1964 | 2017-06-25 08:24 | ☆☆☆0星三流グルメ | Comments(0)

最後の一線

先日仕事が遅くなり西船橋にあるラーメン屋へ
ここはラーメンが主体だがお気に入りな生姜焼き定食があり店内へ
時間は22時前ここは夜遅くでも仕事に疲れたサラリーマンやカップル
家族連れで遅い時間でも賑わっている世間では綺麗とはいえないラーメン屋さん
今日もそこそこ人がいるのかな?と思い店内へ

でも何故か?店はガラガラ?まあ気にせず奥の席に着こうとすると
テーブルの上にある虫が動き回るそう世間で嫌われ者のゴキブリである
まあ1匹くらいならこの時期しょうがないので席に座ると隣のテーブルにもうごめく
ゴキブリが・・・・
ここまでいると言う事はかなりのゴキブリがこの店内にいるはず
多分20から30の数字が予想できる
深夜の厨房はゴキブリのお祭りになっていることだろう

そしてもっと驚いたのが店員がテーブルの片付けにくるのだが・・・
ゴキブリを見つけても何もしない(笑)逆に見えていても無視するような仕草
どうやらこれがこのお店のお客が減った要因だと感じた
まあ知らない人はまた来店するのだろうがこのお店は最後の一線を超えてしまった
私はもう二度とこのお店に足を運ぶ事はないだろう

私が個人経営のお店を判断する要因があるそれは
・最初に出される水道水がまずいか(星崎の浄水器は美味しい所が多い)
・厨房の清潔感(設備が古くても問題ない清掃と整理整頓)
・料理人のモチベーション(無愛想でも問題なし)
・食事をしている他のお客さんに美味しい幸せな表情や会話が出ているか
そして一番難しいのが外観である
不思議に美味しいお店は外観がボロでも美味さの歴史みたいな独特な店構えがある
この前TVの孤独のグルメを見ていて次はここに行こうと思っていた鋸山のあるお店が
紹介されてしまった
ここも店構えはたいした事はないのだがなんとなくここは絶対美味いお店だと感じていて
次回SUP帰りに寄ろうと思っていただけに残念!TVに出てしまうとミーハーが押し寄せ
当分の間近寄る事ができなくなる、まあ時間が経てば大丈夫だろう
どんなサービス業でも超えてはいけない一線があると思う
ゴキブリだけはこの国では通用しないな。





[PR]
by soulsurfer1964 | 2017-06-20 17:40 | ☆☆☆0星三流グルメ | Comments(0)

調査中!

現在調査中・・・んーんよくわからん
e0142754_07070523.jpg
e0142754_07072862.jpg

[PR]
by soulsurfer1964 | 2017-06-05 07:07 | ☆☆☆0星三流グルメ | Comments(0)

気づけば金目づくし

南伊豆の食は金目に始まり金目に終わる
と言ったのはかの有名な○○の言葉である
な〜んて勝手に私が考えた言葉です

日本で1番金目鯛があがる下田港
干物に刺身に煮物にいろんな料理法があるが私が好きなのは煮付けかな?
脂ののった魚自体の旨味はもちろんのことあの甘いたれがご飯何杯でもいける
あんま食べてると糖尿になるので控えましょう(笑)

今回はワンダさんのデッキで地元スーパーでしゃぶしゃぶ用にカットした金目鯛をいただき
いつもの干物屋さん旭陽丸水産で(ここは目の前の炭火で試食用にいろんな干物を焼いてお茶を出してくれる)
金目1匹干物をいただき最後は下田の海鮮やまやのランチで金目煮付け定食で最終日を閉めるのが定例
まさしく金目づくしの下田旅
次はいつこれるか?いや永住しようかな(笑)
e0142754_19144392.jpg
e0142754_19152031.jpg
e0142754_19161049.jpg
e0142754_19164191.jpg
e0142754_19171291.jpg
e0142754_19174598.jpg
e0142754_19182662.jpg

[PR]
by soulsurfer1964 | 2017-02-12 08:26 | ☆☆☆0星三流グルメ | Comments(0)

地元の幻

南伊豆には漁獲量日本一の金目鯛など新鮮で美味しいグルメが定番
だがそれ以外にも美味しくて安いお店が無数にある
今回連れて行ってもらったのは焼肉
いや〜これには本当に参りました。。。ごめんなさい(笑)

このお店食べログにも存在していなくまさしく地元の方のお店
ネットの情報でマナーがない観光客が押し寄せては地元の方にご迷惑がかかるので
名前も店名も出せない
千葉のアジフライで有名になってしまったサスケここもTVやネットで有名になりすぎてしまい
昔の地元の酔っ払いのおじさんがお茶を入れてくれた頃の良き雰囲気は完全に終わり
今や大混雑で観光客が押し寄せる無法地帯状態これはあまりにもひどい
我が家も全く近づかなくなった
こんなことになってしまってはいただけない

このお店の肉は美味すぎて何も書けない
焼肉とホルモンの美味さに感激したのは久しぶり
家族連れがほとんどで和やかな楽しい雰囲気で窓の外には河津桜が見える
最高のローケーションそしてリーズナブルなプライス
他の家族連れの暖かく和やかな雰囲気が昔の古き良き日本を感じたりして(笑)
これをぶち壊すわけにはいかない
高くて美味いのは当たり前だがここにはそれ以外の気持ちが安らぐ独特なものがある
次回から定番の外せないお店になりそうです。
e0142754_21381829.jpg
e0142754_21405513.jpg
e0142754_21402179.jpg
e0142754_21415019.jpg
e0142754_21412740.jpg
e0142754_21421514.jpg
e0142754_21454164.jpg
e0142754_21451427.jpg


e0142754_21424562.jpg


[PR]
by soulsurfer1964 | 2017-02-10 07:03 | ☆☆☆0星三流グルメ | Comments(0)

意外に

利根川沿いにある道の駅
犬達の散歩がてら立ち寄る事が多い
ここにある1件のお蕎麦屋さん
あまり気にしてなかったのだがいつもそこそこの混み具合
試しに初めてはいったが意外にうまいのに驚き

これなら清里近辺にある観光客相手の蕎麦屋より美味しい
ただつゆがちょっと残念だが二八そばは地元のそば粉でいい感じ
きつねそばのお揚げも美味しかった
この道の駅ではいつものごぼうキムチといちごが定番
利根川沿いに見立てた宝船を散歩して次は佐原の道の駅へ
ここでも定番の豚肉と美味しいレタスを購入して散歩
水郷を2時間近く散歩してリプルじいさんの今日1日は終了!
買い出しついでに散歩するいつものコースでした。
e0142754_2491813.jpg

e0142754_25048.jpg
e0142754_250424.jpg

e0142754_2511583.jpg
e0142754_2514570.jpg
e0142754_252933.jpg
e0142754_2523230.jpg
e0142754_2525757.jpg
e0142754_2531917.jpg
e0142754_2534451.jpg
e0142754_254874.jpg
e0142754_2543370.jpg
e0142754_255108.jpg
e0142754_2553018.jpg

[PR]
by soulsurfer1964 | 2017-01-30 02:39 | ☆☆☆0星三流グルメ | Comments(0)

冬はやめられない

1月かみさんも楽しみにしているあの場所へ
ここはうなぎも美味しいが・・・この時期はかも焼きが目当て
利根川で獲った鴨の肉の脂身を網にこすりつけ焦げないように分厚い鴨肉を焼く
それに地元のネギを巻いて食べる
これぞ絶品・・・この時期だけの楽しみ
最後に鴨肉の下にひかれたネギのスライスに鴨の脂身を溶かしていただく
これがやめられない

こっそり出してくれる(笑)鴨の柳川鍋と最高のうなぎで超満腹!
また来月も・・・・当然行くしかない
e0142754_1150518.jpg

e0142754_11504986.jpg

e0142754_11515883.jpg

e0142754_11531041.jpg

e0142754_11542077.jpg

e0142754_1155222.jpg

e0142754_1156073.jpg

e0142754_11563519.jpg

e0142754_11572335.jpg

[PR]
by soulsurfer1964 | 2017-01-25 11:45 | ☆☆☆0星三流グルメ | Comments(2)

久しぶりのうまいラーメン

ビブリの帰りにふっとうまいラーメンが食べたくなった
世間の流れに任せてネット検索(笑)ある1件のお店が気になる
名前はみどりや食堂
写真で見ると結構大きい大衆食堂みたいなラーメンのスープは写真で見ると竹岡風か?
開店は11時平日だしガラガラだろうと思いきやビックリ!広い駐車場がほとんど埋まっている
慌てて止めて中に入るとほとんど満席なんとか座る事ができた

ラーメン食べに来たのでチャーシュー麺と野菜ラーメンをオーダー
客層は地元の方とガテン系が多く観光客はいない
みなさん頼むのがラーメンともつ煮単品どうやらもつ煮も美味しいようだ
ラーメンが運ばれてきてかみさんの野菜ラーメンにビックリ・・・すげえ野菜の量・・久々見たこんな野菜
昔の珍来のタンメンぐらいの量はある
まずスープをいただくと色は竹岡式ラーメンに似ているが味は濃くなく独特の醤油系のクセになる味
これならお年寄も大丈夫だろう優しい味です
麺は少し細めの縮れだが細いのにスープがよくからむ感じ久々うまい山梨ラーメン恐るべし
チャーシューもでかくなくちょうどいい大きさでとろけるようだラーメンのバランスにピッタリあっている
千葉では麺場田所なるゴテゴテ味噌にまずい伸びたような麺そしてやたらデカイだけのチャーシューを
食わせる私的にマズイラーメンチェーン屋があるがそれとは正反対の立ち位置だろう
この店それでも千葉では人気店なので本当にマズイのか2度ほど確認しに金払って通ったほどww
やっぱりマズイので自分に納得して近づかなくなりました(好みは人ぞれぞれです)
醤油系と味噌家の違いはあるが
看板が派手なお店は魁力屋もそうだが廃れるのも早い客のマナーも悪いし店員がバイトを客の前で怒るなど
そんなところにもお店の味や姿勢は出るように思います

遠いのにまた行きたくなる味
お父さんお母さんの二人連れや家族連れそして元気なガテン系のお兄さん達に無駄なく機敏な動きの店員さん
この店いい店だな~と久しぶりに感じました
地元から相当愛されているなくてはならない1軒なんだなと
また行くでしょう平日に土日は多分入れないな(笑)
e0142754_848479.jpg

e0142754_849511.jpg
e0142754_8492716.jpg
e0142754_8494398.jpg
e0142754_850071.jpg
e0142754_850156.jpg

[PR]
by soulsurfer1964 | 2016-08-09 08:19 | ☆☆☆0星三流グルメ | Comments(0)

のり弁¥150にジュンボ餃子・・久々キタ~ww

とあるキャンプ場に向かう
今までナナーズにハマっていたのだが最近ある意味ナナーズを越すスーパーを見つけてしまった
ここは渡辺精肉店が10時オープンだから時間潰しでフザケて入店したのだが
CPには前回びっくり!今回入店して見つけたのがナント!150円ののり弁当&300円の酢豚弁当
店内には他にもマニアックな惣菜がたくさんあるのだが・・・また紹介する事にして
¥150のり弁は焼き鮭の半身からチクワの磯辺揚げも入っていてかなりのボリューム
これとカップラーメンの組み合わせは相当ベストかな?酢豚弁当は普通にボリュームのある弁当です

そしてもう1件紹介
このお店を通る都度ジャンボ餃子の文字が気になっていて・・でも店の怪しさとお客の少なさになかなか入店できず
それがある日地元の車が満車になっていてこれは行くしかないと思いキャンプ場の帰り遂に決行
1台だけスペースが空いていて駐車しようと思った所に地元ナンバーが血相変えて駐車場を奪ったのを見て
(当然停める事ができない)
これはここでしか食べたくない!相手のムラムラした食欲を感じてwww
一旦通り過ぎ再度入店!
久々当たりました最近名ばかりのジャンボ餃子が多いなか今まで食べた事がない厚みのあるモチモチ感の皮と
ジューシーな脂身あふれる中身そして巨大な餃子が5個1人では少しキツイと感じました
ラーメンは喜多方ラーメンのような縮れ麺で醤油スープの旨味と肉厚チャーシューが入っており
久しぶり当たりのお店を見つけました
場所は適当に探してください、多分誰でも知ってる場所です。
e0142754_15153150.jpg
e0142754_15155324.jpg
e0142754_15161215.jpg
e0142754_15162743.jpg
e0142754_15165521.jpg
e0142754_15173198.jpg
e0142754_15175026.jpg
e0142754_15181183.jpg
e0142754_15183499.jpg
e0142754_15185735.jpg
e0142754_1519167.jpg

[PR]
by soulsurfer1964 | 2016-06-27 15:13 | ☆☆☆0星三流グルメ | Comments(0)

ワンランク上の海鮮丼

美味しい魚が時々食べたくなる
理由は特にない・・何となく体が美味しい魚を求める
海に囲まれた千葉県は恵まれている肉より魚そんな年齢である

海鮮料理店の顔といえるメニューは海鮮丼と刺身定食
観光客のほとんどはこのメニューをオーダーする
でもメバルなどの美味しい煮付けはほとんどオーダーされる事がない
煮付けは地元の方が多くオーダーする感じがする

海鮮料理店の顔的メニュー海鮮丼
顔的メニューなのでご飯や刺身の量は結構お得で多めに盛り付けられている
アクアラインが安くなり内房には多くの観光客が足を運ぶ
だがこの海鮮丼を食べきれずオーダーしたはいいが食べ残して行く観光客が多いとの話を以前聞いた
まあ金払って食べてるから残そうがそれは自由だと思う
しかしこのなんでも恵まれたこの国で自分の食べれる許容範囲でオーダーするのが私はマナーだと思う
それは作ってくれた料理人や命を奪われた魚に対して完食するのは当たり前だと思うのだが
メニューに結構ボリュームがありますから残さないでくださいと記述があっても残していく人間性には?となってしまう
食べる方にも最低限のマナーがあると思う、まあ相当まずくて耐え切れないなら話は別だが
人間盛り上がると我を忘れ食べれない量を頼んでしまう(笑)大人なら自分の頼んだ食事は完食して欲しい
そう思うのである

以前は内房に美味しい魚を求めていたのだが最近めっきり足を運ばなくなった
このお店の海鮮丼(ここでは大漁丼と名前がついている)を食べてから・・・
最近九十九里から飯岡を抜け銚子によく足を運ぶ飯岡には孤独のグルメで有名になった土屋食堂があり
昔サーファー時代によくお世話になった
この近辺はメロンも有名で知られていない美味しいものがいろいろある
飯岡を抜けて銚子港一帯には美味しい魚料理屋さんが目白押し
そんな銚子で偶然見つけ飛び込んで見たのがさかな料理いくり
たまたま入ったお店なので大漁丼をオーダーしてみた
10種のお魚が入った海鮮丼なのだがやたらボリュームにこだわる内房方面と違い見た目はこぶりである
食べログを見たら量が少ないとか刺身が厚切りじゃないから得した気分にならない(笑)など
まあそれは人それぞれで厚切りは厚切りジェイソンにお任せして

私が食べて驚いたのはお刺身の切り方とご飯の炊き方そして全体のバランスである
まず刺身の切り方がやたら厚目に切る内房方面と違い適度な薄さと広い面積で魚の旨みを引き出す
職人さんの切り方
適度に薄く広いので口に入れて噛んでみた時に旨みを感じるバランスのいい切り方
刺身の角や表面の切り方が綺麗なので魚の断面が潰れてなくて脂がいい感じで口に残る
これはパートのおばさんが多い内房方面と職人さんの違いが誰でもはっきりわかるそんなお刺身でした
まあ豪華に見せるにはやたら厚切りが喜ばれるわけで個人差もあるでしょう

あとは刺身とご飯のバランスそして炊き方
やたら腹が減ってる人はとにかく大盛りが外せない訳でまあそれは除いて
なんとか丼と名前がつくととにかく飯の炊き方はどうでもいいから量を詰めなきゃみたいな風潮だが
ここのご飯は刺身の量に比べて少し少なめなのだが
話が少しそれるが以前の回転寿司はやたらシャリの量が多いのが好まれたが今はネタは少し大きめシャリは小さめが好まれるようになり
それを最初にやったのは回転寿司で一番評判の高いスシローまあ普通の寿司屋なら当たり前のバランスだが
いくりの海鮮丼はそこを狙ったと言うか食べた後もあまりきつい満腹感にもならず
刺身とご飯を一緒に口に入れた時のバランスが素晴らしいと感じた
最後ご飯だけ残ってしまう事もなく炊き方も素晴らしいしお米は多分多古米だと思われるが寿司に近い海鮮丼?
内房の海鮮丼と比べると量を卒業(笑)?まあ年齢を重ねると量に興味がなくなってきたが
非常に今私のツボに入った海鮮丼それがいくりの大漁丼です
でも食べログには散々な評価もありますが自分で足を運び自分の舌で確認するのが最高の楽しみです
近くには濡れせんべい発祥のお店なんかもありまた銚子方面他のお店も攻めて行きたいと思ってます。
e0142754_2165793.jpg
e0142754_2171414.jpg
e0142754_2173069.jpg
e0142754_2174383.jpg
e0142754_218436.jpg
e0142754_2181988.jpg
e0142754_2183747.jpg
e0142754_2185420.jpg
e0142754_2191172.jpg
e0142754_2193341.jpg
e0142754_21103219.jpg
e0142754_21105191.jpg
e0142754_2111822.jpg

[PR]
by soulsurfer1964 | 2015-06-28 19:25 | ☆☆☆0星三流グルメ | Comments(4)