カテゴリ:歩く?トレイルランニング( 9 )

東海自然遊歩道へ そして朝から(疲)

元旦は早朝から初日の出を拝み午後は東海自然遊歩道へ
この東海自然遊歩道調べてもわからないぐらいいろんなコースがある
東京から大阪まで歩けるぐらいのコースらしい?

この道を知ったのは昨年の竜ヶ岳登山の時にこのコースを知った
アップダウンは厳しくなくあってもたいして事はない軽い装備で歩けるコースである
今回は本栖湖キャンプ場から静岡方面県境を目指した
3時間ほど歩いてみたが良く整備されていて歩きやすい
山梨方面だと本栖湖から山中湖まで続いているから1日かけて歩くのもいいかも?

今回は2泊3日だがまた西湖湖畔にあるペンションサンレイクさんにお邪魔した
料理が豪華でほこりひとつなく清潔で?と言う方には正直おすすめできない
我が家的にはペンションと言うより山小屋的なあくまでアクティビティの基地として
使用している、料理もボリュームがありなんたって緩い感じが良いのである
チェックアウトは13時までOKで一番嬉しいのは食事の時間を変更できる事
たとえば早朝にカヌー漕いで戻りが9時だから9時30分に朝食とか
逆に夕食も変更できる、これは外遊び大好き人間には最高の特典である
部屋の真ん中にこたつがあり部屋が適度に狭いからこたつに入りながら
廻りのいろんな物に手が届くまさしくずぼらな私には最高の基地
そしてハイシーズンでもプライスは驚くほどリーズナブル
このまま何年も続いて欲しいサンレイクさんである、今年は何回お邪魔するのだろう

最終日の2日はヨシキスポーツさんの初売りがあるため昼前には出発しなければ
いけなかった、かみさんとリプルは疲労のため起きそうもない
それならクロエを連れて早朝から近場の山でも行ってみますか?(笑)
と西湖湖畔にある足和田山を目指した、しかしこれが後のダメージを招く事に
この足和田山登山道は地元のパンフにも記載があり時間も1時間ほどただし急勾配
となっていた、入り口も一応看板があり安心して登れそうな?
登山道に入ると道は荒れていて切れそうな紐?で道筋は示されている、
しかしここでクロエに異変が?私も嫌~な感じはしていたのだがなにかいる
まあ想像に任せます、怖いのだめな方はこの先読まないでね
クロエが妙に唸るし先に進むのを拒み始める、この場所結構きびしいかもしれない(笑えない)
だがその先にある立派な標識を見るとこの先まだ行けそうである
それなら行ってしまえ!と唸るクロエを強引に引き連れてそのやばい場所を突破!
さらに奥に進み登り始める
登り始めると途中何度も道を見失うほど荒れている、整備が全くされていなくて
かなりすごい登山道 おまけにかなりの急勾配で積もった枯葉で足は滑るは
大木が道を塞ぐはで散々な登山道でした、ここ何年も人が入っていない様子である

そして下山時さらにやばい異変に?下山しながら枯葉を踏む音が判るのだが
自分とクロエの足音以外の音が後方から聞こえる、ようは誰か見えないものが?
後ろから来てるって事です(これも想像におまかせします)
この山に居るのは私とバカ犬1頭それ以外は肉眼では判断できずクロエまた唸るし
ここでキャーと逃げれば良いのだろうがまあ自然相手だからしょうがない事だと思ってます
多分ここまで荒れ果ててしまうと自然にそういうものが集まってしまうのだと・・・・
登山道と名が付く場所なら地元で協力して定期的に整備を行い道筋をわかるように
各所にテープでも巻かないとと最悪遭難も考えられます
パンフに載せている以上軽い気持ちで入る人もいるしなー
不思議に綺麗に整備されている登山道ではあんまりこの手の経験はないんですね
私は特になにかが見えるとか霊感が強いわけじゃなく自然に感じるだけです
ただ山や海に入る時は必ず一礼して入るのがマナーかなと思ってます

そんなかんだで最終日に肉体的より精神的に疲れて帰ってきた(爆?えない)
あの場所には2度と行く事はないが貴重な経験でした
正直あんまり何度もしたいとは思いませんがそれが自然の中にお邪魔させていただいてる
痛感した正月登山でした。
e0142754_9112624.jpg

最近大活躍してくれるサーモスのステンレスボトル
お湯を沸かすから持ち運ぶへ!12時間近く経っても充分熱いお湯が使用できる
6時間くらいならカップラーメンいけるんじゃないかな?
サーモスが来てからお湯を沸かす装備は一切省いてしまった、それほど保温性能が高い
e0142754_9162835.jpg
e0142754_9171319.jpg

ラブラショップで偶然見つけた折りたたみ椅子、軽量コンパクトで以外にイケテル
e0142754_9185589.jpg

早朝登山で疲れたクロエ、遊歩道でも眠そう(笑)
e0142754_9202276.jpg
e0142754_9212934.jpg
e0142754_9222948.jpg

e0142754_9234132.jpg
e0142754_924844.jpg
e0142754_9244084.jpg
e0142754_92539.jpg

この空間がやすらぐサンレイク
e0142754_9253730.jpg

犬も人もぐっすりです。
[PR]
by soulsurfer1964 | 2009-01-04 09:09 | 歩く?トレイルランニング | Comments(8)

意外な真実。

先日我が家から車で20分ほどの某大型アウトドアショップへ
セールの葉書きが来ていたのでとりあえず覗くだけでも(笑)
しかしこのお店セール時にいっても何故かインパクトがない?
特に安い訳でもなく商品がおもしろい訳でもなく・・・・
いろんな場所にあって名前は有名なのだが?
ようはありきたりなのである、私の実家は川崎にあり昔多摩プラに
このお店はあった?だが閉店してしまった
これだけのネームバリューがあるのだからもっとおもしろいイベントを仕掛ける事が
できるだろうに残念だ、だが消耗品はここから購入が多いからまた閉店な事に
ならないでね

それに比べると津田沼のヨシキスポーツさん
ここのセールは凄い!販売してる商品にインパクトがあるのはもちろんの事
本当に安くて買わないと損するぐらいの気持ちに襲われる(笑)
販売してるのも超一流品からマニアック品まで狭い店内にいろんな商品がある
先月のセール時に勧められたのが地図を入れる大型の防水型マップケース
サイズは二つ折りで広げるとA1ぐらいの大きさがある
こんなの普通のお店で見た事がない、何に使うのと聞いたら
習志野にある空挺団が実際使用してるマップケースで超マニアック(爆)
かなり大きい地図が入るし残り1個で爆安だったたから購入してしまった
このお店いつも期待を裏切らない、行くと何か必ずある
セールじゃなくても多少遠くても足が向いてしまう
魅力なお店である

そんなダメダメなワイルド1さんであったが(あっ、爆)
唯一良い所が書籍の結構おもしろいのが揃っている事
諏訪インターのモンベルにも結構おもしろい書籍があるが
印西のワイルド1も負けていない、結構立ち読みさせていただいてます
そして先日購入した書籍の意外な事実
それはプロスキーヤー 三浦雄一郎さんの書籍
タイトルが(デブでズボラがエレベストに登れた理由)
思わずこのタイトルに見入ってしまい購入してしまった
他にも三浦さんの書籍はたくさんあったが文字数もページ数も少ないこの本が
一番インパクトがあった
三浦さんと言えば親子三代鉄人のような家族、親父さんの敬三さんは
88歳で4000m級の尾根を縦走、次男の豪太さんはモーグルの日本代表
当然雄一郎さんも70歳と75歳でエベレストの登頂に成功するぐらいだから
全てにおいて完璧な人物だと思っていた、だが事実は全く違った
まさしくデブでズボラで肥満と糖尿病に苦しみながら2度の心臓手術に乗り越えた
結果だったとは!意外な真実が隠されていた
三浦さん流のトレーニング方法と食事法も書かれていて参考になる
そしてこれから年齢を重ねて生きてれば(笑)50代に入るがまさしく先が見える
トレーニング法がこの本には書かれていた、私的な来年からの目漂を作ってくれた
1冊であった、すでに先日から実践しているが非常に良い感じで進んでいる
今シーズンのスノーシューや正月登山で違いを感じる事ができるだろう
それにしても三浦家は凄い!まさしく鉄人だ。
e0142754_17423550.jpg

[PR]
by soulsurfer1964 | 2008-12-22 18:15 | 歩く?トレイルランニング | Comments(6)

そして老後は富士宮へ(爆)②

2日目本栖湖沿いの山 竜ヶ岳を目指す標高は1485mほど
本栖湖キャンプ場付近に車を停めて遊歩道を歩きいよいよ登りが始まる
しかし入り口付近に気になるポスターが?
どうやら自殺しに山に入った人の捜索願いである
年齢は21歳である、若い若すぎる俺の時はこの年齢は波乗り以外全く考えてなかった(笑)
自殺なんて・・・悲しい現実がここにもある
しかし最近世の中すべての犯罪が低年齢化している現実(大麻・殺人・売春)
仕事上子供のいる女性達と話しをする機会も多いのだが驚くのは今の子供達には
もの凄いストレスがかかっていると話しを聞いてて思う、それが学校だったりイジメだったり
そのストレスのはけ口が犯罪や自殺の低年齢化になっているような気がしてならない
あー悲しいよなー20歳ぐらいまでは多少バカやっても伸び伸び生きて欲しい
まあ40過ぎてもバカやってる私にも問題はあると思われるが(爆)
いろんな意味で最近歪んでいるこの国は・・・・

そんなポスターをみてテンションが落ちたが竜ヶ岳を目指す
登山道は歩きやすくて犬達もノーリードでほとんど大丈夫だが
この山お正月は頂上にカメラの三脚がもの凄い数集まることで有名な山
結構メジャーなので人もそこそこすれ違うのでその場で繋げば大丈夫でした
最後の登りがすこしだけきついが本栖湖と富士山を見ながら登れるのはまた格別
頂上の広場はベンチもありゆっくりできる、そんなかんだで休憩

我が家がベンチで休憩していると1人の老人がやってきた
ご一緒させていただいていいですか?との問いにどうぞと答えて
いろんな話が始まった、だがどう見ても?この老人ただ者じゃない気がした
まずマモート(マンモスマークで私が大好きなメーカーです)のザック
パタゴニアのキャップ、そしてご馳走してもらったサーモスの保温ボトル
その他アイテム、超一流で揃っているそしていい感じに使い込まれている
それはまるで外苑前で一流ブランドで身を固めているようにも見える(違うか?爆)
道具の話しになり老人がザックからさりげなく出したナイフ
なんと鹿の角でグリップができておりナイフ部分は自分で叩いて作ったとの事
どうやら熊の防御ようにいつでも入っているそうである
やはりこの人ただの老人ではなかった、この方富士宮に住む71歳
登山トレーニングに近所の100段階段を10往復繰り返して登っているそうである
昔駅伝選手で50までは走っていたとの事、それから山に入りここら辺の山は知り尽くした
まさしくエキスパート今日も登山というより自分の庭に遊びに来た感覚らしい(笑)
そんな老人と短い時間で仲良くなりこの方の家族の悩みを聞く立場になった
まあ年齢が我々のほうがガキなのでアドバイスなんか当然出来る訳ないが
人の悩みって聞いてもらっただけでも少しは楽になる事があると思う
自分の心を開くのは大切かなと改めて思ったりして、まあ相手にもよるが
この老人から富士宮の話しを聞いて最初焼きそばで牽かれた富士宮だったが
なんか本当に老後この街に住みたくなってきた
だって山はあるし海は近いし川も綺麗だしそして湖も超近いし・・・
こんな良い場所はそうそう見つからない仕事でもあれば移り住むんだけどなー
まあ来年辺りはそうとうやばい状況なんでいっそ首切ってくれないかなんて
本当に思っていたりして
でもあの老人は何故?わざわざ犬2頭も連れた犬バカの所へ来てくれたのだろう
他にまともな人達がたくさん居たのに?それが最大の不思議である
e0142754_132177.jpg

登山道入り口、落ち葉のふかふかが最高にいい感じである
e0142754_1335569.jpg

本栖湖と雪景色の南アルプスを見ながら頂上へ
e0142754_1345511.jpg

途中の休憩場所で一服、富士山と樹海いつみても飽きない
e0142754_1365617.jpg

背丈ほどの笹に囲まれた急坂を昇る、クロエ最近リプルに代わり先頭を行く
e0142754_1391682.jpg

背中にでっかい富士山見ながら昇るのもまた格別
e0142754_1404251.jpg

本栖湖が小さくなっていく
e0142754_1422173.jpg
e0142754_1424845.jpg
e0142754_1425844.jpg
e0142754_143759.jpg

竜ヶ岳頂上その景色は最高でした、出会った人も。
[PR]
by soulsurfer1964 | 2008-12-01 01:18 | 歩く?トレイルランニング | Comments(2)

そして老後は富士宮へ(爆)①

3連休、今回はカヌー漕いでまたまた山登りの予定だったが?
強風のため今回はカヌーは止めて山登りりに専念することに
今回目指すは本栖湖方面、初日は道の駅で車中泊・2日目は西湖のペンションサンレイク泊
である
初日出発が遅れて高速が大渋滞、中央ルートはあきらめて我が家には珍しく東名ルートに
変更、何故東名ルートか?そりゃ富士宮焼きそばでしょう(爆)
三流グルメとしては一度は食さないと(笑)

富士SAで10時頃降りて富士宮市内へ市内中心部を目指す
そして観光客がごった返す場所で富士宮焼きそばを食べる
多分他においしいお店があるのだろうが?とりあえずメジャーなお店で
正直いってかなりうまい、普通の焼きそばと違うのは麺を1度蒸している事
鰹節とさば節のミックスされた粉をトッピングするのだがこれがさらに味をひきたてている
肉はなくいかの細切りが入っているがまた絶妙な食感で大盛りを2分ほどで完食!
今度は地元の人が食べるお店で食してみたいものです
そしてさらにうまかったのがダンゴである、値段が250円で3本入っているが
でかくて味の種類も豊富でもちが柔らかくて最高!山登りのお供にぴったりでした
富士宮市内のよさにかなり牽かれる

午後は正月に初日の出登山をする精進湖沿いにあるパノラマ台に登る
木々の葉はすでに落ちて道に広がりふかふか感が歩いていて良い感じである
頂上までは1時間ほどで登れる、目の前に広がる富士山・
そして精進・西・河口・本栖の湖が見え広大な樹海が広がる
まさにいつきても絶景、だれでも気軽に登れる山である
だが帰り際の下山時に気になる人とすれ違う
この時期日の入りは17時で辺りは真っ暗気温も5度を下まわる
我が家が16時過ぎに入り口付近まで下ってくると?この時間から登ってくる人が?
男性で1人きり、装備を見ると正直言ってこの時間からの登りを目指す装備ではない
薄着でザックも小さいヘッドライトを装備しているようには見えない
この時間から登るなら氷点下を切るのでかなりの装備が必要になる
そして1番気になってしまった事、それはすれ違い時の挨拶である
登山者は(こんにちは!)と必ず声を掛け合う、まあそれにはいろんな意味があるのだが
私があいさつをすると声が異常にかぼそくてとてもこの時間から頂上を目指す人物には?
正直見えない、そして1番気になったのはその瞳である
希望を失ったような疲れたその瞳、もしかして・・・・・・
今回はそのまますれ違ってしまったが次回からはもう少し話しをしてみよう
富士の樹海付近は最近警備が厳しいので他の場所に来る事も充分考えられる
一声かけたのがきっかけで踏みとどまった例はかなりある
私もそうだがいまやいつ仕事がなくなるか?わからない
だが自殺は・・・がんばろうよ、つらくても生きてればよい事少しはあるから
まあこんな事書くのも昨日昔の先輩がまたこの世からおさらばした
最後まで命はまっとうして欲しい、余計に思える自殺志願者ではないと願いたい

パノラマ台を後にして本栖湖をぬけ下部温泉郷を目指す
この場所も以前から行ってみたかった場所
正直秘境?だが温泉は期待外れ(爆)下部ホテルで温泉に入ったが温泉から
薬の匂いが?これには雰囲気台無しでした
まあ普通の日帰り風呂なら納得レベルかも?

そして道の駅しもべに泊まる予定だったが?何故か近くに52号線が走っているから
わざわざ逆方向へ!52号腺いろんな人から話しを聞いていたから是非とも行ってみたかった
52号に出ると何故かうまそうなラーメン屋発見、へんぴな場所にあるが結構客が来る
ごま味噌ラーメンとチャーハンを食すがこれが予測外れのうまさ
そして近くの道の駅富士川クラフトパークへこの道の駅がまたとてつもなくでかい!
犬の散歩どころか?立派にトレッキングできそう、そしてカヌー場なんてでかいプールまである
52号線は噂通りよい道でした。
e0142754_12561644.jpg

老後に住みたくなった富士宮、理由はいろいろ
e0142754_1258362.jpg

ここが中心地にあるなんとか横丁(忘れた)
e0142754_12593540.jpg

このだんご達多分世界一、爆(量と値段ととにかく最高!)
e0142754_131443.jpg
e0142754_1313061.jpg

初めての富士宮焼きそば、まさしく止められない止まらないとはこの事
e0142754_1325054.jpg

市内から富士が見えるなんて
e0142754_1325940.jpg
e0142754_133851.jpg

パノラマ台頂上を目指す
e0142754_13154639.jpg
e0142754_13163617.jpg
e0142754_13165082.jpg

今年の初日の出登山もこの場所に決定、正面に明日目指す竜ヶ岳が見える
e0142754_13185341.jpg

全く期待しなかった52号腺めん丸、結構いけてます
e0142754_13201811.jpg
e0142754_13203493.jpg
e0142754_13204714.jpg

道の駅富士川クラフトパーク、その広さに驚き!カヌー場なんて信じられない。
[PR]
by soulsurfer1964 | 2008-11-28 12:21 | 歩く?トレイルランニング | Comments(4)

たまには走りますか(笑)クロエチャレンジ25km

10月2日で44歳、最近体力低下が著しい(笑)
それじゃあ漕がないで走りますか?
そんなかんだでいつもの中禅寺湖へ
中禅寺湖の周りには1周できる遊歩道がある
遊ぶ歩く道と書いて遊歩道?本当か
1周は25kmある漕いだ事はあるがトレランもどきはいまだ無し
フェリー乗り場からスタートして千手ヶ浜を経由して菖蒲ヶ浜へ
そこからフェリー乗り場へ戻る
正直フェリー乗り場から少し山中へ入った事はあるので楽勝!と思っていた
でも舐めたその考え方が大きな間違い(爆)だった
クロエもこれだけの長距離を経験するのは初めて
最初からバカっ走りしたこいつもあとで痛い目にあう(笑)

9時にフェリー乗り場をスタート!
そこから本格的な山中に入り14km先の千手ヶ浜を目指す
予想では平坦な整備された道が続き余裕で14km先の千手ヶ浜に到着するはず?だった
ところが途中から山道が一変する、最初は確かに平坦余裕で人も犬も走っていた
まさしく遊歩道、しかし途中からすごい道になりはじめた
崩壊した大木が道を塞ぎ張り出した根が足をすくう
その連続でとてつもない大きさの石がせり出した場所もあった
そんな山道をひたすら走るいや?歩く
舐めた服装で来た奥様(下はジーンズ)も体力を奪われヘトヘト
そして最初からバカっ走りを繰り返したり泳いだクロエも例外ではなかった
こいつもヘトヘトで目はうつろで尾っぽは下がり途中で伏せる始末
いつもはあんなに元気なのに?まだペースがよくわからないらしい
クロエは自爆してダウン(笑)
しかし1頭だけ冷静な奴がいた
リプルである(驚)幾多の長距離トレランに慣れているためか?
自分のペースで淡々と道を刻んでいく、それは先週の鉄人君のようだ
途中岩と岩の間を軽々飛んでみたり・・・
最近涼しくなりリプルは絶好調!今年7歳一皮むけたなコイツ(偉)
千手ヶ浜には4時間もかけて到着、しかし誰1人会う事がなかった
この道は来ないんだなー普通の人は、我が家は普通じゃないようで・・・
そこから菖蒲ヶ浜→フェリー乗り場までは整備された道で順調に進む
夕方16時半ついにゴールなんと7時間半もかかった
やはり最後までペースが変わらなかったのはリプル
普段なんだかんだお笑いキャラだが今日だけは違った
プロスポーツならベテランの領域、頼りになるぜ
そして完全に期待外れの新人(笑)のクロエだったが?
呼び戻しもだいぶ理解できるようになり少しずつだが学習している
こいつもリプルのように早く育って欲しいですなー
25kmはやはり疲れました、でも紅葉の中またチャレンジしてみたい
今度は万全な装備で。
e0142754_085972.jpg

余裕のスタート この舐めた服装が後悔するはめに(笑)
e0142754_0104999.jpg

水を見るたび飛び込むクロエ しかしこいつもあとで後悔する事に
冷静なリプル 体力消耗を防ぐため1度も泳がなかった(さすが)
e0142754_0125279.jpg

少し奥に行くとこんな道の連続 折れた大木が道を塞ぐ 奥日光自然の景色
e0142754_0154121.jpg

巨大な岩が落ちている道も
e0142754_0164485.jpg

e0142754_019288.jpg
e0142754_0194076.jpg

抜けてきた14kmの岬が続く山道 いやー久々厳しかった
e0142754_0214812.jpg

中禅寺湖は紅葉が始まっている
e0142754_022557.jpg

地図で見るとたいした事ない遊歩道なのだが実際は・・・・
e0142754_024085.jpg

疲れて動けないクロエ(笑)なに事も経験だよ、素質はあると思うのだが。
[PR]
by soulsurfer1964 | 2008-10-06 00:07 | 歩く?トレイルランニング | Comments(2)

ツアーガイド?初めての単独はしごトレラン

お盆休みキャンプ
今回は9日から16日の日程、この日程を短いと感じる自分が怖い
まあキャンプの様子はいろんな方達が代わりにアップしてくれるので(笑)
後日アップするとして今回3つの山を登ってきた
どの山も2000mには届かず初心者でも充分OKである

最初はいつも必ず訪れる某温泉トレイルコース
今回も1人と2頭の予定でいたが?このコースに挑戦する強物が現れた(爆)
それはマキちゃん、今回初日からジークとキャンプサイトでご一緒している
このコースに参加希望!ならばツアーガイドしますかみたいな
ハイエースの後席に人を載せて走っていると本当にツアーガイドしてる気分になる
この仕事に結構向いていたりして
トレッキングは初めてのジークと最近全く体を動かしてないマキちゃん
最初はジークがヘトヘトになる予想だったが?意外にも体力があり
トレッキングハイ(笑)になったようで下山後も眠らずおおはしゃぎ
かなり見込みがありそうです
対するマキちゃんはかなり疲れたようで(笑)
ジークに谷底に引き込まれそうになったり、突然現れたカモシカを見たジークが興奮して
転倒するなどいろんな数々の事件がありました

山中にマキちゃんの声がコダマする(爆)ジーク(怒)だけで1000回
ジークゆっくり(疲)だけで600回、こらージーク(キャイン)は4回ほど
いやー楽しかったです、マキちゃん本当に疲れたようで忘れ物がありました
ユニフレのポット・箸・熱いもの掴むラバーマット
宅配便で例のものと一緒にピーピー親分(禁句)のところに送っておきまーす

天候不順で15日帰る予定だったが回復したので16日に久々犬達は置いて
単独トレランに向かう
早朝スタートしないと犬達は暑さでもたないのである
9時30にキャンプ場近くの横尾山へこの山は初心者向きだが最初の登りがきつい
昨日の夕飯が大量の汗で抜けて行くと心拍も落ち着き
体が軽くなり走りが楽になる1本のボトルを飲み干し2本目を飲むと味がおかしい?
どうやら腐っているようだ(笑)車にまる1日放置したからなー
無給水状態で走るのも良くないが帰りは下りのみなのでそんなに心配はなかった
当日給水がこの時期安全でしょう
久々の横尾山を堪能して時間はお昼前、体力も充分残っているし
昨日めちゃうまかったジンギスカンが体力を維持してるので
そのまま下山してからハシゴで今度は飯盛山へ向かう
飯盛山はモーフィー家のかえるさんから以前お話を伺い以前から登りたかった山
ボーイスカウトや観光客も多く訪れるのでトレランには向かないが
歩きやすく景色も山頂から360度展望できる絶景の山である
千葉なら鋸山表コースぐらいだろか?
日陰はないが風は涼しく正面に八ヶ岳が見える
低山だが満足度抜群の素敵な山であった、なんかもう1本登りたい(俺だけ?)
人にはハシゴするのもいいかもしれない
今度は早朝犬達を連れて登りたいそんな飯盛山
なんか山頂の形はご飯に大盛りの飯みたいで下山中に急に腹が減ってきた(笑)



飯盛山頂上から360度の絶景。
e0142754_1052230.jpg

某温泉コース入り口 相棒のパンツ君と無駄に走り過ぎて疲れたクロエ
e0142754_10544852.jpg

元気なジークと対象的な(笑)疲れきったマキちゃんが行く
e0142754_10562543.jpg

ジークは全ての川に浸かっていた(笑)泥川も
e0142754_10573583.jpg
e0142754_1058984.jpg

久々横尾山、最初はきついが途中から絶景が広がる
e0142754_10592716.jpg

おわんに大盛りご飯の飯盛山、そうだB級グルメもアップしなきゃ
e0142754_1105875.jpg

[PR]
by soulsurfer1964 | 2008-08-17 10:47 | 歩く?トレイルランニング | Comments(3)

テスト画像。


水中撮影のシーズンが目前になってまいりましたー
テスト動画をアップしてみます
声は消してみてください
自分の声は超恥ずかしい^^ものですな
だが声が無い画像と言うのも・・・
しゃべりは難しいですね
まあとりあえずごらんくださいませ。
[PR]
by soulsurfer1964 | 2008-05-18 08:34 | 歩く?トレイルランニング | Comments(8)

ビブリッジ(トレイルラン編)

GWのビブリッジでは毎回山中にトレランのため遠征する
今回スタートに選んだのはいつもの本沢温泉コース
今回からリプル+クロエになったので走りやすく危険箇所も比較的少ない
この場所を選んだ

最近犬連れで山中に入る人が増えているようである
私のようなスタイルを選んで犬と山に入るのは賛否両論があるようだが
私はマナーがきちんと守れる細心の注意が出来るなら問題ないと思っている
以前どんなことに注意すればよいですか?
と聞かれたので少し私が注意してることを何点か書いてみたい

・入山する時間体はできるだけ早朝を選ぶ
他の一般登山客に出来るだけ迷惑がかからないようにして人が増える時間帯には
すでに下山体制に入っているのが好ましいと思う
犬達の暑さ対策のためもありやはり早朝がよい、夕方からの入山は遭難の危険も
あり好ましくない

・人がいないのであればノーリードでもOKだと思う
走っている時や岩越えをしている時はリードを繋いでいる方が危険な場合もある
ただし完全にコントロールできる自信がないならリードは繋ぐのは当然
登山客には犬嫌いの方がかなりいらっしゃいます
登山客が見えたらリード繋ぎかなり手前から犬を隅に待たせて登山客を優先させる
犬好きの方なら向こうから声をかけてくれるので撫でてもらえばよいでしょう

・当然のことながらワクチン摂取していない犬やヒート中の犬は山中に連れていかない
以前日光で同じように犬とトレランしている方にヒート中の他の飼い主の方のワンに
野良犬が寄ってきて大変なことになったと言われてました
雄犬はヒートの匂いを遠くからかぎつけて寄ってくるようです
匂いで狂う雄犬もいるので絶対山中には連れてこないでください
山の中にはどんな病原菌が潜むか全く判りません
ワクチンだけで防げるとは思いませんがリスクは少なくなるでしょう
狂犬病も同じです

・水 食糧 救急セットを忘れずに
途中給水ポイントがあるならそんなに量はいらないと思います(重量も増す)
救急セットはダニ取りようのセットは必需品です

まああくまで一般登山者最優先で犬連れの自分はここを借りて走っているぐらいの
意識があればまず問題が起きる事はないと思います
中にはいちゃもんやいいがかりをつける方がいらっしゃるようです
今まで私が出会った方はみなさんフレンドリーでした
自分の常識の無い行動で犬連れ禁止のタテ看板が立ってしまうかもしれません
そんな事になる前に細心の注意を払い楽しい犬連れ登山をしてください
ウンチを持ち帰らないのはありえない事です
絶対持ち帰りましょう

なんて偉そうな事を書いたがまあ当たり前の事ですよね

話しは戻り
今回の本沢温泉コースだがいつもと違ったのは残雪が凄い事である
ビブリを出る前モーフィーパパに今年は雪が多いですよ!
と言われていたがまさか?
こんなに残っているとは途中からスノーシューにきたのか!
と思わせるぐらい雪が残っていた靴は登山靴ではなくトレラン用なので滑る・滑る
なんとか2時間かけて山頂まで到着、いつもなら半分強で登れるのに
今回は苦戦しましたちなみに例年なら雪は全くありません
まあ雪景色も綺麗な山並みが拝見できてそれそれは美しい景色でした
クロエもこのトレランで待つ事と戻る事を覚えてくれたので
登山客が来ないコースでノーリードにしてみた
まだ危険な場所では放せないが少しづつ理解してきている
それが今回の1番の収穫かもしれない
次回は2頭連れでどこの山を走るか?楽しみがまた増えました。
e0142754_10184616.jpg

入山直後からこの積雪!先が思いやられる
e0142754_10194130.jpg

登山道入り口、クロエはデビュー戦である
e0142754_10205131.jpg

GWとは思えない景色が山々にひろがる
e0142754_10214152.jpg

雪の量が次第に増していき
e0142754_10223674.jpg

途中クロエが世界のナベアツになる(笑)
e0142754_10234337.jpg

このコースは登山靴なしでは厳しいー
e0142754_10245292.jpg

ここから先はスノーシューか?そんな道具持ってこないし
e0142754_1026963.jpg

苦労して登った頂上は最高の雪景色
e0142754_1027161.jpg

クロエもすっかりトレラン犬になってくれそうな?
[PR]
by soulsurfer1964 | 2008-05-09 10:15 | 歩く?トレイルランニング | Comments(0)

懲りずにまた。

先週に引き続きまたまた鋸山へ!
先週は時間の都合で鋸山頂上までだったが
今回は頂上からさらに海の見える展望台
そして地獄のぞきを目指す事にした

コースは前回と同じく保田駅側からあるく裏鋸山コース
表よりも少しばかりハードなコースである
今回はかみさんも同行、8時半にスタートをきり
順調に鋸山頂上を目指す先週も来たコースなので迷う事がない
1時間30ほどで頂上へ到着!
そこから海の見える展望台へ今日は天気も良くその景色は絶景
館山方面や横須賀へ向かうフェリーも見える
標高は300mほどだが遠くまで景色が見渡せかなりの満足感
千葉県は低い山しかないが名低山が多いと言われるのも納得できる
館山方面の景色を眺め次回は山から見える海もコースをカヌーで横断しようと
かみさんとお約束、海も透明度が高くかなり良いコースではなかろうか?

次は展望台から鋸山地獄のぞきコースへ
この場所から表鋸山になりロープウェイも通っており
完全な観光地コースなのでリプルにリードを繋ぎ地獄のぞきをみながら一服
日本寺を通りスタート地点へ戻る予定通り13時前には下山完了
短いながらも充分楽しめたコースであった
帰り際地元の猟友会を見かける鉄砲の放たれる音も聞こえており
イノシシを撃っているようである千葉県の山は今ものすごくイノシシが増えており
それを駆除する目的で撃っているようである
我々も(人も犬も)安全のため目立つベストや音のするアイテムを着用し
相手に存在を知らせる事が必要であると感じた
それにイノシシがいつ襲ってくるか判らないので万が一のため身を守る事も
考えたほうがよいであろう、リスクも当然あるのだから

千葉県の山に入れるのも4月上旬まで!あとは暑くなりリプルには無理な気温になる
次に目指すのは房州アルプスと呼ばれる場所である
これが秋前の最後の千葉県トレランになるかもしれない。

e0142754_22502594.jpg

今年はこのコースを横断予定!
e0142754_2251793.jpg
e0142754_22511780.jpg
e0142754_22512727.jpg

横須賀方面を望む
e0142754_22513874.jpg
e0142754_22521339.jpg
e0142754_22522322.jpg
e0142754_22523283.jpg

悪戦苦闘して最後の一登り、本当に急な登りであった
e0142754_22524156.jpg

これが鋸山名物 地獄のぞき 岩場が崩れたらと思うと怖くて行く気がしない
[PR]
by soulsurfer1964 | 2008-03-03 22:39 | 歩く?トレイルランニング | Comments(0)