<   2016年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

敵でも味方でもなく問題外の医師

交通事故で怪我をするといろんな事が関わってくる
まず担当医師のこと
今回は医者選びのNGさが傷以上に自分に致命傷を招いた
通院費・薬代・治療代を全て払う相手保険会社他に休業補償に症状固定
いろんな事があるがキーは症状固定の時期と障害認定を受け取る事ができるか
この2つが交通事故での戦いにおいて最も重要なキーワードだと思う
この2つをうまく進める事ができれば悪徳運送に大きいダメージを与える事につながる

近隣にある総合病院そこの整形外科担当のTが私の担当になったのだが・・・・・
これが全てを大きく狂わせた・・・最後の方でこいつ相当馬鹿だなと気づいたのでもう変える事もできなかったのだが
交通事故の場合こいつ言ってることがおかしい?と思い医者にたてつくと症状固定も障害認定もとれなくなる可能性があるから
たてつくこと自体相当難しい・・・特に若い医者は変なプライドをもっているから素直に従うしかない
まあ書くことがありすぎて本を出版できるくらいネタがあるのであまり多くは書かずwww

ただ交通事故で思うのは最初症状聞かれた時にどこが痛いとか?具合は?など
この時に真っ正直に答えるのでなくかなり大げさに言ったほうがのちのち話は有利に進むと
たとえばどこが痛いと聞かれたら?全身全て痛むと答え・・・特にどこと聞かれたら・・・あちこち痛くてよくわからないと
症状は・・・頭が痛くて気持ちわるいフラフラするなど
ここまでおおげさにする事をオススメする
交通事故には芝居は必要である
さてそれは何故か?

今回もそうだが事故当時痛みがない場所が1ヶ月後に痛くなった場合大抵の場合因果関係が認められないと
医者は却下する確率が非常に高いと言う事である
今回は右側を特に強く打ち頭から足首まで強打し全身打撲の診断だったが・・・・
1ヶ月後左肩付近が猛烈に痛くなってきた
この1ヶ月の時間が曲者で医者の立場的に因果関係は認められないから傷害認定は認められないと言う
ただの四十肩か五十肩だろうと・・・整骨の先生に聞くと右肩を強打して左肩に伝わるから十分関係はあるだろうと
ただ医療業界では整形外科医のほうが立場的に上であり診断を下すのはこのTなのである
CTを撮ると肩付近の筋肉組織に小さい断裂の跡も見えるがこのTは最後まで認めなかった
弁護士からも問い詰めてもらったが今度はこのTと裁判で戦うことになってしまう
敵は悪徳運輸ばかりと思っていたがこんなところに隠れキャラが潜んでいたとは・・・・
障害認定で最低の14等級とるのは全身打撲程度ではかなり難しいようである

ちなみにこのTだが症状固定の診断を告げそれでも左肩の痛みは抜けないので
私の保険は効かなくなり有償の診断に切り替わるのだが
これからも私が担当として診断しますからよろしくお願いしますと言い放ったが・・・・
その1週間後病院を退職(唖然)凄いインチキ先生でした
現在は横浜のとある整形外科にいます・・・横浜方面の方このTが担当にならないようお気お付け下さい
そして戦いも終盤を迎えました
ではまた。
[PR]
by soulsurfer1964 | 2016-09-21 01:20 | 悪徳運送会社との戦いの記録 | Comments(0)