我が家へようこそ!

昨日予定よりも早く我が家の2頭目を迎いに岐阜県へ
国際犬訓練所さん(以下国際さん)には朝8時に到着予定であったが
なんと7時に起きた事故で中央道が通行止めに(疲)
予定より2時間遅れて10時に到着、初めての経験でした

名前はいろいろ100以上も候補があったが最終的に前オーナーがつけてくれた
クロエで呼ぶ事にした、我が家が最終的に決めた名前はマリカ・ジョイナー
まさしく100m10秒前半で走りそうな(笑)名前だったがいろいろあり
本犬もなれているクロエになった、これからクロエをよろしくお願いします

国際さんのドッグランでリプルとクロエを遊ばせてみる
クロエの走りを見るとストレートも早いが横方向のステップも細かく刻み
まるでそれはイチローのよう(爆)俊足でありかわし方もうまい
将来が楽しみな走りである
クロエが産まれた時の写真をネットで見れたので検索してみた
彼女は徳島県の生まれであった両親はイギリスの優秀な犬達で
お父さんもお母さんももの凄い体格のよさにびっくり!
兄弟は6頭でリプルと同じ、そして兄弟のほとんどがドッグショーで優秀な成績を収めていた
クロエの筋肉の発達はそんなところに理由があるのかもしれない
いろいろ注意事項をお伺いしてクロエが過ごして犬舎を後にする
トレーナーさんが最後見えなくなるまで見送ってくれたのに少し涙腺がゆるむ
しかしクロエは車酔いも全くなく伏せて寝ていた神経はかなり図太いようである(笑)

途中インターで何度か散歩させてみたが好奇心は旺盛なのだが非常に落ち着いている
訓練所以外の世界をあまり知らないからもの凄く引っ張られるかと思ったが?
横について歩いてくれてアイコンタクトをとりながら歩いてくれる
人も犬も大好きで少し飛びつきくせはあるが基本的に性格は落ち着いて
状況判断も出来ているようで恐るべし1歳半これも優秀なトレーナーさんに育ていただいた
おかげである、リプルとは?比べ物にならない(爆)

今日で我が家に来て丸2日が経つが家の中ではリプルとクロエは常にエンドレスで
お遊び状態になり止る事がないので時間を決めてクロエをサークルに入れて
落ち着く時間をとっている、散歩は休みの時は日に4回ほど
朝5時・10時・3時・20時なるべくクロエが環境になれるよう長めの散歩と短めの散歩を
ミックスしている、これからいろんなフィールドに出る事になるが
まだ若く体が出来上がっていないので遊ぶフィールドも考えて行く必要があると思う
トレランなら階段は少なめの平らなだらだら坂が続く場所
今まで泳いだ経験も皆無なので遠浅の湖でデビューさせようと思っている
カヌーに乗る練習も少しずつ初めて慣れさせてたい、なんたってリプルとクロエコンビだから
途中での沈も想定(笑)しないと
クロエがどんなワンに育ってくれるか?寝不足だが非常に楽しみな毎日である。

e0142754_1151076.jpg

[PR]
# by soulsurfer1964 | 2008-03-21 11:57 | クロエ通信 | Comments(6)

未だ決まらず。

新しく我が家に来る女の子の名前が決まらない
現在の名はクロエ、非常に素敵だがだぶってしまうので新たな名前を模索中
リプル(さざなみ)なんて5分で決まったのに(笑)

既に100近い名前が候補に上がり消えていった
名前を調べているとなるほどとうなる名前が結構ある
お友達ワンコの名前で結構フランス語系が多いのに気ずいたり
星座だったり、○○の神だったり
みんな考えてつけてるんだなーと妙に関心
ヴァージュ(フランス語でさざなみ)これも良い名前だった
だが呼びずらい
ゼフィロ(これもフランス語で春のそよ風)しかし呼びずらい舌をかみそう(笑)
そこで私が考え抜いた最終候補が2点
まずモキシーこれは英語で元気とか活力に近い意味合いみたいである
ロキシーと言うサーフブランドがあるがこれを変形させているのだろう
もしかしてモーフィーも?違うか(爆)

そして一番良いとおもったのがジョイナー
クロエは間違いなくアスリート系それも短距離系の体型なので
この名前が候補にあがった(私の独自判断)
かの有名なフローレンス ジョイナーである
彼女の残した記録100mと200mの世界記録は未だ破られていない
長爪と奇抜なスタイルで当時一世を風靡した
38歳の若さでこの世を去り多分ドーピングのしすぎであろうと言う噂がある
ジョイナーいいと思うんだけどねー長爪には出来ないけど
星条旗のTシャツ着せたりして^^)
インパクトはジョイナーに近いものがあると思うんだけどね
しかし別の意味でジョイナーなかみさんに却下を喰らった(爆)
我が家に来ても名前決まってなかったりして
どうしましょう?
e0142754_5573022.jpg

[PR]
# by soulsurfer1964 | 2008-03-16 05:57 | フリートーク | Comments(7)

千葉→岐阜→伊豆(トンカツと桜の旅)後半

岐阜から伊豆半島の天城越えをして海沿いを目指す
向かうは河津、日本で一番桜の開花が早い場所である
今年は雪の影響もあり例年よりも開花が遅いと言う話だが
葉桜が少し見えるも見事満開に近い状態
普段見慣れる桜よりもピンクが鮮やかで美しい
屋台も並びお祭り気分で桜を見る事ができた
毎年恒例にするのも春の訪れを感じ取る事ができ良いかもしれない

その後下田に立ち寄る、以前からカヤックの師匠に1度は行ってみて?
と言われた干物の万宝
この干物屋さんの食べた人の話しを聞くと?干物とは思えないほどおいしいらしい
お店に着くと平日なのにお客さんの出入りが激しい
うわさ通りのお店である駐車場でご主人が丁寧に迎えてくれ
早速おすすめの干物を炉端で焼いてもらう
サンマの稚魚やアマダイそして極めつけが金目鯛の干物
千葉の干物とは比べ物にならないほど肉厚でジューシー
脂のノリはハンパじゃないいくら焼いても脂があふれだす
金目の干物の厚みは凄く干物だけでお腹が満腹になってしまった
驚いたのが頭まで香ばしく焼けて食べれてしまう事それはおせんべいのようである
ご主人の話しで談笑しながらいろんなお話をお聞きした
通販の販売数がものすごい数らしく製造がおいつかないらしい
当然ここの干物は全てが手作り
沼津の干物と千葉の干物の差は千葉県はほとんどが機械製造
日本製の魚を使っている所も少なく輸入が多いとの事
それにくらべ沼津は手作りが多く地元の魚を使用する割合も比較的多めとの事である
千葉県が機械で干物を大量生産した最初の頃は沼津の干物がその影響で
お店をたたんだところも多くあったとの事
この万宝の干物を食べると干物の概念が変わる、それほどにここの干物はおいしい
ここは伊勢エビの干物の製造も行っている
ただの干物屋に見えたこの万宝、実はもう一つ学ぶ事があった
それは接客の仕方である、お客さんの車が駐車場に入る砂利の音で出迎え
気さくな話し方でリラックスさせて最後は車が見えなくなるまで見送りをする
これはただの干物屋が出来る接客ではない、素晴らしいと思う
主人が話していたが最近はガソリン代が値上がりして下田方面のお客は減り
みんな熱海や真鶴方面から下ってこないとぼやいていた
一番のあおりを食らっているのがホテルや旅館関係
この万宝が客足が落ちないのは干物のうまさもあるがこの接客もその秘密であろう
腹も満腹になり心の豊かさをいただいた素晴らしい干物屋さんであった
またお世話になるであろう

最後にお世話になったのがペンション フル フルさん
山の高台にひっそりとそびえ建ち白浜に近いが静かな場所である
駐車場まで道が細いがまあリプエースがいけるのだから狭いとは言わせない(笑)
料理も非常にていねいでおいしくてオプションで刺身の盛り合わせをいただいたが
値段もリーズナブルで新鮮であった
そして露天風呂は窓が無く星空や海も見えて自然を肌で感じ取る事ができ
リフレッシュさせていただいた
犬連れのために建てたペンションそんな素敵な場所であった
旦那さまと奥様と打ち解けてお話させていただき非常に満足
夏の最盛期を過ぎたらまた訪れたいそんな宿である

今回はリプルの妹を迎えると言う口実で(爆)1000kmを越える旅になった
まあ1年に2~3回こんな旅も良いものですなー
e0142754_2325976.jpg
e0142754_2331215.jpg
e0142754_2332290.jpg
e0142754_2333459.jpg
e0142754_2334547.jpg
e0142754_2335619.jpg

[PR]
# by soulsurfer1964 | 2008-03-13 22:59 | 思いついたら止まらないぜ。 | Comments(0)

千葉→岐阜→伊豆(トンカツと桜の旅)前半

今回とある用事を兼ね千葉県から岐阜県へ縦断
そして岐阜県から伊豆半島の先端へ!
1000kmを越す旅をしてきた
別に喧嘩して家出同然で飛び出した訳ではない(笑)
かみさんもリプルも一緒である

今回のルートは岐阜県の瑞浪にあるリプルのふるさと国際犬訓練所さんに
おじゃましてその後同県羽鳥市にある世界で一番うまいトンカツ屋さん
たちばなさんで食事をして一泊する
そして翌日伊豆の先端まで移動!日本で一番早咲きと言われる河津の桜を見物
伊豆下田まで下り以前から評判の高い干物屋さん万宝さんで食事をし
白浜にあるペンション フルフルさんでゆっくり1拍させていただくと言う
移動距離1000kmオーバーの久々旅らしい旅行である

初日は中央道を使い深夜休みながら岐阜県を目指す
途中の諏訪湖が凍っているのには驚いたが
南下して岐阜県に入る頃にはすっかり暖かい陽気に恵まれ春らしい気候になった
恵那インターを降りて国際犬訓練所さん(以下国際さん)を目指す
途中から細い山道に入りリプエース大丈夫か?と思ったが
道は細いが舗装されていて田舎道らしいのどかな景色が広がる
どんどん山奥に入って行きこの先にそんな建物があるのか?
と心配になったがその奥には素晴らしい建物と立派な犬舎があった

今回ここを訪れるのは初めてである第一印象は本当に凄い犬舎で
ドッグランや喫茶スペース、そして現在いる犬達の犬舎は別棟
そしてなにより驚いたのは亡くなった犬達の慰霊塔である
大きな慰霊塔で犬達に対する感謝の念を持っていると言うか
命を粗末にしない場所である事が一目で感じとる事ができた
この場所ならすべて安心しておまかせできるそんな国際さんである

今回訪れた目的は言うまでもない我が家の2頭目の事で相談をお願いしたのである
2頭目の件ではいろんな事がありかなり悩みぬいた
一時期ボーダーコリーの放棄犬を引き取る事を真剣に考えたが
話しがうまく運ばずに結局辞めることになった
スタンダードプードルなどいろんなワンコが候補に上がったが
山・海・湖・雪山いろんな場所に頻繁に通う我が家にはやはりラブラドールが
今一番の最適犬種であると言う結論になった
相談にのっていただいた皆さま申し訳ありません
この場でお礼に代えさせていただきます、ありがとうございました
国際さんとはメールでやりとりをして候補の写真をいただいていた
その子に会いに今回やって来たのである

今回の希望は小ぶりな女の子、子犬ではなく2歳に満たない幼犬である
小ぶりな軽めの女の子を選んだのは訳がある
一番はやはりカヌーにのせるのに2頭連れて行きリプルと一緒に載せてやりたい
私が単独で出る場合が多いが1頭が留守番では可哀想なので
どうせなら2頭一緒にそれが最大の理由であろうか
その他山を走るにしても大型2頭より大小の組み合わせのほうがなにかと
都合のよい事が多い(荷物の積載量など)
そして今のリプルにはオス犬よりカワイイ女の子の方が最適かと(笑)

そして今回お会いしたのはクロエちゃん
まだ2歳にならない体重は24kgぐらいのメスのラブである
写真では少し強面だったが実際お会いして思ったのは
まだまだ子供のあどけなさが良い意味で残りもの凄いハイパー犬
両親はバリバリのショードッグであるがこの子は体が細く
イギリス系と言うよりもアメリカ系に体格的には見える
だがフードを増やしても体重が増えないところを見ると
成長に時間がかかる大器の可能性を秘めた女の子かも?しれない(勝手に笑)
とにかく外で遊ぶには最高のパートナーになってくれるであろう
リプルと遊んでもらったが相性も問題はないようで足の速さはリプルより
数段早いすぐにお腹をみせるタイプで他のワンともうまく遊んでくれる感じがする
訓練士さんと相談してこの子に決める事となった
決めた最大の理由は犬の質の高さもあるがそれはやはりこの国際犬訓練所さんの
犬にする姿勢の素晴らしさやブリードに対する安心感はもちろんの事
犬舎やその他の場所が本当に清潔で手入れが行き届いている
少ない人数でこれだけのクオリティーを維持する事は並大抵の努力ではできない
頭が下がる思いである、本当に素晴らしい犬舎である
ペットショップと優秀なブリーダーさんの差はそこにあるのかもしれない
ペットショップは値段が安くブリーダーさんは高いと言う方がいるが
高くて当たり前だと私は思ういや逆にもっと高くてもしょうがないんじゃないの
そんな事を感じるほどの素晴らしい場所であった
訓練士さんにも本当にお忙しい中4時間近く時間を割いていただいた
お話には犬達に対する愛情が常に感じられてこの子が最高に幸せになるには
どの方法が最良なのか?相談にのっていただいた
感謝の気持ちでいっぱいである
年に何回かまた訪れてみたい、ここで育った犬達は本当に幸せだと感じた

なかなか離れたくなかったが(笑)
国際さんを後にしてさらに南下、目指すは世界一うまいトンカツ屋たちばなさん
このお店は羽鳥インターを降りて10分程の場所にある
初めて来たのは確か3年ほど前、某ドッグカフェのマスターのお友達で
ここのとんかつは絶品に値する
関東はソースであるがこちらはやはり味噌かつが主流
この味噌だれがうまいのなんの千葉から車で来た距離を忘れるうまさである
うまいものに国境はないと言われるがそれに比べりゃ県境なんてたいした距離じゃない
とんかつは箸で切れるやわらかさはもちろん!の事
揚げ方が最高で私は神の域に達していると勝手に思っている(笑)
そしてこの時期かきフライがうまい、通常2月までなのだがなんとか間に合ったようで
超ラッキーであるオーナーがかきフライが大好きで個人的な都合でメニューに
なっているのでうまいとかそんな域は超えたおいしさ
以外な産地で取れたかきにさらに驚きである
そしてここの食事にさらにスパイスを与えてくれたのはオーナーと奥様の
楽しいおしゃべり疲れも吹っ飛ぶ気さくな人柄がさらに料理をおいしくしてくれる
いいなーこんな場所があって千葉にも出来ないかなー
そしたら毎週通い詰めるのに(笑)みなさんも岐阜に寄ったら?
いや無理してでも寄って食してください、本当においしいとんかついかがですか
あーまた行きたくなってきた(爆)



e0142754_2350640.jpg
e0142754_23502146.jpg
e0142754_2350414.jpg
e0142754_23505220.jpg
e0142754_2351135.jpg
e0142754_23511251.jpg
e0142754_23512436.jpg

[PR]
# by soulsurfer1964 | 2008-03-11 23:24 | 思いついたら止まらないぜ。 | Comments(6)

懲りずにまた。

先週に引き続きまたまた鋸山へ!
先週は時間の都合で鋸山頂上までだったが
今回は頂上からさらに海の見える展望台
そして地獄のぞきを目指す事にした

コースは前回と同じく保田駅側からあるく裏鋸山コース
表よりも少しばかりハードなコースである
今回はかみさんも同行、8時半にスタートをきり
順調に鋸山頂上を目指す先週も来たコースなので迷う事がない
1時間30ほどで頂上へ到着!
そこから海の見える展望台へ今日は天気も良くその景色は絶景
館山方面や横須賀へ向かうフェリーも見える
標高は300mほどだが遠くまで景色が見渡せかなりの満足感
千葉県は低い山しかないが名低山が多いと言われるのも納得できる
館山方面の景色を眺め次回は山から見える海もコースをカヌーで横断しようと
かみさんとお約束、海も透明度が高くかなり良いコースではなかろうか?

次は展望台から鋸山地獄のぞきコースへ
この場所から表鋸山になりロープウェイも通っており
完全な観光地コースなのでリプルにリードを繋ぎ地獄のぞきをみながら一服
日本寺を通りスタート地点へ戻る予定通り13時前には下山完了
短いながらも充分楽しめたコースであった
帰り際地元の猟友会を見かける鉄砲の放たれる音も聞こえており
イノシシを撃っているようである千葉県の山は今ものすごくイノシシが増えており
それを駆除する目的で撃っているようである
我々も(人も犬も)安全のため目立つベストや音のするアイテムを着用し
相手に存在を知らせる事が必要であると感じた
それにイノシシがいつ襲ってくるか判らないので万が一のため身を守る事も
考えたほうがよいであろう、リスクも当然あるのだから

千葉県の山に入れるのも4月上旬まで!あとは暑くなりリプルには無理な気温になる
次に目指すのは房州アルプスと呼ばれる場所である
これが秋前の最後の千葉県トレランになるかもしれない。

e0142754_22502594.jpg

今年はこのコースを横断予定!
e0142754_2251793.jpg
e0142754_22511780.jpg
e0142754_22512727.jpg

横須賀方面を望む
e0142754_22513874.jpg
e0142754_22521339.jpg
e0142754_22522322.jpg
e0142754_22523283.jpg

悪戦苦闘して最後の一登り、本当に急な登りであった
e0142754_22524156.jpg

これが鋸山名物 地獄のぞき 岩場が崩れたらと思うと怖くて行く気がしない
[PR]
# by soulsurfer1964 | 2008-03-03 22:39 | 歩く?トレイルランニング | Comments(0)