ラストスノーシュー南会津へ(フェリチェ編)

今回は2泊3日の日程
初日に向かったのは八方ヶ原、2週間前強風で車から出る事が出来なかった場所
自宅を6時に出発!順調に東北道を走る
朝7時で平行する関越の渋滞はすでに40kmこれには驚き
それに比べ東北道の渋滞はなし100km以上の速度で流れている
これが東北道沿いでスノーシューポイントを探そうとした最大の理由
まあ他にもあるのだが・・・・

矢板ICで降りて八方ヶ原を目指す!現地に着くと驚いた事にあれほどあった雪が?
ほとんどない(笑)残雪はかなりあるがスノーシューを履くに及ばず
簡易スパイクを足に装着して今回はトレッキングにいきなり変更
目指すのは雷ていの滝、足慣らしのつもりだったが?凍った残雪で足場が悪くて
結構苦戦した簡易スパイクを装着してなかったら厳しかったかもしれない
往路は急激な下り坂で復路は急激な登り一番嫌なパターンである(苦)
気温は0度近いが風もなく異常に暑い結局上着は脱ぎインナー1枚のみで行動する
人には全く出会わず貸切でした、この後も貸切は続きます(笑)

初日の八方ヶ原を後にして今回のお宿に向かう
今回泊まるのは南会津にあるフェリチェさんたまたまネットで見つけたペンションだったが?素晴らしいお宿でした
到着してかみさんにチェックインを頼む、戻ってくると良さげよ!の一言
今シーズンこの良さげよ!(笑)1回も聞いていなかった、その良さげが出たのである
入ってオーナーと奥様とお話する、オーナーはかなり端整な顔立ちで素敵な方
そして可愛らしい奥様お二人とも笑顔が印象的でした
部屋に入ると何故か落ち着く別に豪華な部屋とか?そういった事ではなく
適度な広さに使いやすいレイアウト窓から見える裏山の雪景色に運転の疲れが抜ける
最初からやすらぎを感じさせるペンションは久々でした
このフェリチェさん泊まった部屋はもちろん館内すべて非常に暖かい
それも24時間どこにいても変わらない暖かさ通常のペンションだとFF石油ヒーターなどが
多いため夜間の部屋暖房で喉が痛くなったり寒かったり室温にムラがでる
部屋には天暖と呼ばれる遠赤外線の天井暖房を使用しているため
部屋の室温を落としても暑いほど結局ロンT1枚で過ごせました
これも長期滞在には疲れを残さず癒されました

食事の時間が朝7時30夕方は18時通常のペンションより早いかな?
この早い時間が行動派には嬉しい、雪山を歩いて戻ると普段より腹が減る(笑)
朝も余裕を持って行動出来るし我が家的にジャストタイム
夕方はイタリアンコースがメインだが野菜もたっぷりとれて体に優しいイタリアン
最初に出てくるスープがこんなにスープってうまかったけ?と思うほどのおいしさ
それにはオーナーの丁寧な料理法に秘密があるのだが・・・
他にピザ・パスタ・メインもおいしいうまく言えないが全てをぎりぎりの線で料理している
微妙な火加減を知り尽くした職人さんの料理である
オーナーと話して納得した料理経験は和食で厳しい修行を積みそして次は洋食屋さんで
また修行を積んだとの事普通両方で修行を積む人はあまりいない
そしてこの順序も非常に大切との事、和食→洋食にいかないといい味が出せないようである
もっと驚いたのがペンションで料理を作るのを目標に修行を積んだとの事
料理経験があるからペンションで?はよくきく話だが
最初からペンションで料理を作るために修行を積んだ人は聞いた事がない
その厳しかった話をさらっと笑顔で話してくれるこれがかっこいいんだよね男から見ても(笑)
その優しさがどの料理にも現れている、久々にイタリアンがおいしいと思いました
他にも会津産のめちゃうまコシヒカリがおいしかったり書ききれません
あーまた食べに行きたいそんなお料理の数々でした

2頭の愛犬ボーダーのキューラちゃんとエランくんとも遊びました
ボーダーってこんなにおとなしいの?と思うほど可愛い
以前ボーダーを迎えようとした我が家としてはまたむくむくっと(笑)
でもこの広大な場所で育ったからこれだけおとなしいんじゃないかと
改めて思いました

ペンション フェリチェさんは南会津のペンション街にある唯一犬連れで泊まれる場所だが
このペンション街はどのペンションもプチホテル並で大きくて綺麗
区画や道路も広くゆったりしている、那須とか有名な場所は潰れた幽霊ペンションなどもあり
隣が個人の別荘地だったりで神経を使うがこの場所はゆったり散歩が出来る
夜間照明が明るく道路を照らし夜の散歩も安心
非常に綺麗なペンション街ですあまり宣伝はしていないがリピーターが多いのはうなずける
アウトレットがなきゃダメ!とかそんな人には絶対向きませんが(笑)
静かな場所でゆったりした時間を愛犬と過ごしたい人にはぴったりかも?
隠れた穴場かも知れません、来年は通い詰める気がします
e0142754_2311111.jpg
e0142754_2311151.jpg
e0142754_2311282.jpg
e0142754_23114110.jpg
e0142754_23115480.jpg
e0142754_2312624.jpg
e0142754_23122158.jpg

e0142754_23273825.jpg
e0142754_23275592.jpg
e0142754_2328854.jpg
e0142754_23282315.jpg

[PR]
by soulsurfer1964 | 2010-03-09 21:52 | 犬連れスノーシュー | Comments(0)
<< ラストスノーシュー南会津へ(裏山編) ラストスノーシュー南会津へ >>