さあどう載せる?(4×4マチヤマさんへ)

次期ハイエースのキャリア選びに悩んでいた
ハイエースにカスタム雑誌は数多くあるが内装や外装のスポイラーばかりで・・・
ルーフキャリアの特集や凡例を紹介した雑誌は皆無で自分で考えるしかない
以前から誰も考える事がなく注目されない屋根の部分に今回は興味をもっていた

私が初めてルーフキャリアに注目したのは何と30年近く前(笑)当時ルーフキャリアはこの国にほとんどなく
その頃努めていた某国産メーカーの部販にお願いして海外から取り寄せてもらった
それが今ではメジャーのTHULEである
当時乗っていた軽自動車にTHULEのキャリアと自転車のアタッチメントをつけ自宅のある神奈川から千葉の館山まで毎週通っていた
当時THULEのキャリアもなくましてや自転車を載せている人は皆無だったのでそれは注目の的だった
それが今や当たり前の時代である時代は変わったと思う
それからTERZOやRVーINNOが登場してキャリア全盛時代を迎えた
好きな道具を屋根に載せて遊びに行くスタイルがこの国にも定着したキャリアがもたらした経済効果は凄いものがあると思う

今はハイルーフに40kgもあったカヤックを引っ張り上げているが次期ハイエースではもっと楽に安全な巡航が出来るようにするのが課題だった
そして屋根の上で食事や就寝も出来て攻撃性をたまに見せることもある熊などの野生動物を屋根から安全に観察出来るようにする
汚物なども屋根に載せて車内とは全く異質のスペースを新たに儲けることが最大の課題
しかし市販品では値段と品質が比例するものがなく大量生産なので私の求める商品は大手メーカーには存在しなくて諦めていた
ところがある日キャリアをワンオフで作ってくれるお店を発見したそれも我が県に存在するじゃないですか
HPを見るとかなり凄い物をワンオフで作ってくれる大量生産品の一線を超えた凄いものを・・・
それが千葉県にある4×4マチヤマさんである

メールで連絡を取り向かうと成田空港に近いので飛行機がたくさん離着陸する音が聞こえる場所
お店と言うより工場だが車で行くとみなさんお迎えに出てきてくれましたこれには驚き
いろいろお話するとこのお店やはり只者じゃない凄い工場?いやキャリア製作所でした
地方からの来客も多くてロケバスのキャリアの制作からさまざまなタイプの載せるに答える事が出来る凄いお店でした
私の要望を話すと強度試験や破断試験関係に以前努めていた担当の方が即強度を割り出してくれて
これぐらいで制作すれば十分安全でしょうと材質や厚みの事まで全て話してくれました
今回キャリアとラダーをお願いしようと思いいろいろお聞きしたが一生物と言う言葉があるがまさしくぴったり
世間では存在しないカヤックと屋根の上で暮らせる凄い物が出来そうです
ラダーに関してもこの形は存在しない安全に短時間で載せられる凄いラダーになりそうです

そしてここに来て初めてわかったのが今乗ってるスーパーロングハイルーフワイドよりミドルルーフワイドの方が屋根面積が大きく使用出来る事これも初耳でした
そしてもっと驚いたのが以前デモに使用した軽自動車が乗っても大丈夫なミドルルーフ用のキャリアがたまたま残っており
今回それを有り得ない激安価格・・・こんな値段でいいの(笑)譲ってもらう事になりました
若い店長さんやベテランの担当者の方そしてスタッフの方々と和やかな話が続き思わず長居してしまいました
キャリアに迷って答えが出ないなら4×4マチヤマさんに行けばきっと答え以上のものが出ると思います
安物書いの銭失いではなく良い物を長く使いたい方にはまさしくぴったりのお店でしょう
久しぶり凄いお店に出会いました完成するのが楽しみですね。
e0142754_1404265.jpg
e0142754_1411573.jpg
e0142754_1414727.jpg
e0142754_143193.jpg

[PR]
by soulsurfer1964 | 2012-09-30 18:10 | リプエース2 | Comments(1)
Commented at 2012-10-12 21:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 秋の南会津へ。 私の感じた中国人(閉店後ガラス... >>