久しぶり房総の旅(ペンションサンデッキ)

今年に入ってなかなか連休が取れずやっと2連休
12月からほとんど出かけてなかったのでどこか近場に旅することに
リプルも13歳になるので雪山は暖かくなる3月にして
今回は同県内の南房総へ

お宿はペンションサンデッキ場所はほとんど鴨川に近い場所
このペンション1980年に開業して85年から既に犬連れになった犬連れペンションの老舗
なかなか面白いペンションでした

行きは県内なので朝9時出発でも全くの余裕で楽に出発出来ました
東金道路から波乗り道路に約10年前にある出来事が起きたあの場所へ
ずっと閉鎖されていましたが今は開放されて太陽が降り注ぎあんな事があったとは思えない
あの出来事のおかげで危機管理能力はすごい事になってます(笑)
危険は知らない内に訪れますそれを一瞬の判断で守らなければ全てを失います考えてる時間はありません
みなさんもお気お付けてください

波乗り道路から海岸沿いを走り勝浦を目指す目的は勝浦タンタン麺
お店は無数にあるのだが今回はさほど辛くない食事処ふるさとへ
玉葱と豚コマを唐辛子と辣油で炒めた具が乗り、白葱の刻んだのがのっていて.
麺は中細の縮れ麺で辛いのがさほど強くない私でちょうどいい辛さ
激辛好きの方には物足りないでしょうが私にはちょうどいい感じでした

その後ペンション近くの内浦山県民の森へ
人がほとんどおらずつづら上りの坂道も傾斜が緩く老犬の足でもゆっくり歩ける
おまけに道路は車両通行止め千葉県とは思えないほど奥深い山で凄いいい場所でした
今度はMTBで走ってみたいですね

そしてサンデッキへ
鴨川の内浦にある温暖な山奥の川沿いにあるペンション
訪れるのは今回が初めて35年経つペンションだがそんな前に建てられたは思えないほど犬連れにはよく出来ている
施設が古いのはしょうがないが35年も前にこの発想で作られたとは信じがたい
賑やかな海沿いから離れたこの場所は静かでいい所です

オーナーさんは70歳代手前の女性オーナー
いいですよ!おかみさん的で物凄いテキパキしています
ここまでのオーナーさんが経営するペンションは当然初めてだがこの世界を全て知り尽くしている安心感がまたいい
普段ゴルフとかいろいろスポーツされているようでやはり体力がないとペンション経営は務まらないのだと感じました
長年の経験で犬の名前はほとんど知り尽くされているようだがリプルと言う名前は会った事がないようで
何度か名前なんだっけ?(笑)聞き直されていました
ついでに何語?英語・・・意味は?さざ波・・・そんな感じです(笑)
食事は定番のペンションのお食事です海沿いなのでお刺身が付いてました今回はアジのたたき
我が家はOPのお刺身セット(¥3000)を付けたため物凄い刺身の量になり何とか完食
多分3~4人前の量必死で食べきりました次回は通常の食事だけで十分
お部屋はロフト付きで広くのんびりできましたお風呂は24時間入浴可能
1泊2食で1人¥10,800犬料金が1頭¥1,620ですからかなりリーズナブルです
南房総のペンションは結構お値段が高い所が多いです近場でゆるく行きたいのならサンデッキはいいですね

食堂にサンデッキの過去を知る事が出来るスクラップブックがありました
サーファーの定番だったFineやいろんな雑誌に記事が掲載されてました昔流行ったハマトラに聖子ちゃんカットなど
私達の年代にはたまらない記事ばかり(笑)
そこに開業当時のお値段が・・・確か1泊2食で¥9800?だったような35年経って¥1000のみの値上げ
これは凄い良心的だと感じました
房総半島を軽く旅したい時にこのお宿は最適だと感じました、まあもっと豪勢を求めたければまだありますが
オーナーさんもそんな暖かいお人柄で長く続いて欲しいペンションだと感じました
続く
e0142754_10295547.jpg

e0142754_10301889.jpg
e0142754_1030374.jpg
e0142754_10305639.jpg
e0142754_10312370.jpg
e0142754_10313937.jpg

e0142754_10353899.jpg

e0142754_1036652.jpg
e0142754_10362829.jpg
e0142754_10364510.jpg
e0142754_10365996.jpg
e0142754_10371736.jpg
e0142754_10374288.jpg

[PR]
by soulsurfer1964 | 2015-01-20 07:47 | フリートーク | Comments(0)
<< 久しぶり房総の旅(最近の道の駅) A型インフルエンザ >>