GSR250事故(不利な条件の戦いが始まる)

これで相手との戦いが始まった訳だが・・・・・・
最初から状況はこちら側には不利な戦い
勝てる条件もなく徹底的な証拠もなし・・ましてや相手側は現場検証を拒んでいる
怒っているだけでは最初から勝負は見えている
ここは冷静に少しづつ進めていくしかないと思った

保険会社同士の交渉にも期待したが相手はこちらが勝手にコケたと言っている
接触した証拠がなければ交渉にすらならない
ただの私の自損事故で終わりである非常に厳しい戦い

その点はとりあえず置いといて
まず相手側がどんな会社でどんな規模なのか調べ上げてみた
この運送会社(これから悪徳運送会社をY運と称します)
山形県にあり運送会社としては中規模・他にタクシー会社など地元で手広く商売しているようだ
そしてこのY運の求人情報を探ってみると・・・・かなり労働条件が悪い
賃金・労働時間・そしてかなりの求人が残っている所を見ると長続きしないか応募する人が少ないのか
求人が余っている状態
賃金などを見るととても安く都内いや関東圏では厳しい条件これなら都内コンビニ辺りで働いた方が断然稼げる
ハローワークが多く年齢不問の条件もあるそれもトラックドライバーに多い
会社の部下で秋田県からきている若者がいるがこんな条件しかなければ都内で働く地方の若者が増えるわけだ
だから過疎化が余計に進む・・・なんてこんな事関係なかったっけ(笑)
でも労働基準法ギリか違反してる線も垣間見えるこのY運
今回の事故も休憩・時間調整するために幅寄せしてきたから労働環境の悪さによるドライバーの疲労も考えていた
そして意外な情報を見つけた
それが過去(昨年)にある行政処分2件詳しい内容は国土交通省に聞かないと判らないがここら辺も関係あるのだろう
Y運事故処理係のあのひどい対応など少しこの会社が見えてきたような気がする
相手を詳しく知る事は必要だとどこが弱みで戦いを有利に進める事ができるのかはそこにかかっている
最終的に戦う相手はドライバーではないな・・・そう思いはじめていた。
※現在も進行中です年内解決は多分ないと思われます
[PR]
by soulsurfer1964 | 2015-12-06 21:25 | オートバイ二輪 | Comments(2)
Commented by マンセル at 2015-12-07 08:26 x
大変なめにあわれましたね。お見舞い申しあげます。10月18日付投稿の3枚目の写真、字が読みにくかったですが「虚偽の証言が判明」とあったので事故があったことは認めたけど過失責任を認めてないということでしょうか。
相手がトラックやタクシーの場合で少なくても自分に怪我がある場合は人身扱いの事故処理をしといた方が安心ですね。住みにくい国になって困ったものです。お仕事の事情があったとは思いますが救急車で病院に搬送されてれば相手もグウの音もでなかったかも。是非正義を勝ち取ってください!
Commented by soulsurfer1964 at 2015-12-08 22:17
マンセルさん
ご心配いだきましてすいません
まさしく虚偽証言ですね過失を認めるどころか?お前が勝手に倒れた(笑)
元々ヤンキー世代以前の不良世代ですので年甲斐もなく売られた喧嘩はありがたくかわせていただきました
献花してやりたいほど頭に来ましたが・・・
人身扱いにするのが最良ですがこの時記憶を失ってまして現場検証ままならずだったかも知れないですね
現時点では相手の首に手がかかり落とせるところまで来ています
最終局面ですね
今回は意外な所からいろんな方に助けていただきました人の繋がりに改めて感謝しております
マンセルさんも暖かいお言葉有難うございました
来年エルザちゃんに会うのが楽しみです
<< GSR250事故(耐えて風向き... 茨城な旅 >>