ヨコザワ鉄板の魅力とは

ヨコザワ鉄板・・・
今やあまりに有名なようだが私は全く知らなかった逸品です
この鉄板で肉を焼きその美味しさに少し驚いたが
高い肉じゃなくスーパの特売肉で美味しくいただけるのはさすが
いろんな人が感想を書いてるから旨さについてはこの辺で

これだけ美味しく焼ける鉄板と同等に扱えるのは
以前米沢のなみかた羊肉店が販売していた南部鉄器の鋳物のジンギスカン鍋と
関西軽金属工業のRNグリルくらいである
鋳物のジンギスカン鍋は羊肉だけではなく普通の肉と野菜を同時に美味しくいただけるのがポイント
RNグリルは肉も美味いがさんまなど長い魚系を数匹まるごと焼けるのが特徴
それと比較すればヨコザワ鉄板のコンパクトサイズは際立つと思う
今考えてるのはSUPやカヤックで離島での食事
お弁当のおかずの温め直しなど使用用途は無限に広がると考える

私がヨコザワ鉄板の最大の利点だと思うのは後片付けのしやすさだと思う
鉄板周りの縁に壁がないから余分な油がだだ漏れだと思われがちだが意外にこぼれない
さんまなど脂がのった魚はこぼれるより跳ねる感じで肉でも牛肉なら思ったほど跳ねない
最初は縁に壁がないと油がこぼれて大変かな?と思っていたがここは意外だった
むしろこの欠点と思われそうな部分が実は利点でこげついた食材などへらで簡単に縁によせゴミ袋に運ぶ事ができる
縁に壁がついていれば逆にかなり面倒だろう、重量も増すし
そしてコテがいいのか?鉄板がいいのか?わからないが簡単に食材のこべりついた焦げが落ちる
野菜系・肉系・魚系など食材をチェンジして焼く時も焦げを簡単に落とせるからスムーズに焼きを続けられる
炭で網焼きの考えもあるが時間・道具の重量・灰の処分や早く食べないと乾燥して干からびるなど
網の手入れも考えるとソロや少人数には向かない
ヨコザワの魅力はガスバーナでも十分美味しくいただける所、冷めたらバーナつけて温めなおしてもいい
このセットはやっとこ含めてよく考えられた戦略だと感じる
無駄がない、最低限は揃っている
最近休日の昼間にヨコザワで肉を食するが日常になっている
今はあとどれだけ必要な物を最低限で揃えるか模索中
先日ジョイ本でトレイを購入!これがまた冒険用品のプレデタータックルMにぴったりだったりして(笑)
多分ヨコザワ鉄板はそこまで考えて大きさを決めている、それがこの冒険用品の凄さだと思います
購入して使うとわかります。
どこかの分厚い本のキャンプ用品メーカーとは戦略が違います
まさしく少数精鋭部隊な会社だと思います。
e0142754_17010381.jpg
e0142754_17012276.jpg
e0142754_17013650.jpg
e0142754_17015480.jpg
e0142754_17022365.jpg
e0142754_17023822.jpg
e0142754_17025180.jpg







[PR]
by soulsurfer1964 | 2018-11-13 16:14 | 冒険用品最高! | Comments(0)
<< クロエと下田へ。 あるお店にドハマりする(笑) >>