<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

月に3度のパウナガル

久しぶりの三流グルメである
最近はインド料理店が本当に増えた・・我が家の近所でも特に珍しくもなくどこでも食べれる
カレーにナンそしてシシカバブは定番のスタイル
インド人がやってるお店は少なくほとんどはパキスタン人だとインド人が言っていた
そしてインド人嘘つかないと・・・それインディアン嘘つかないだろうと(爆)

これだけ暑い日が続くと冷たい食べ物より暑い辛い物が食べたくなる
そんな今年の夏に我が家から車で10分ほどに偶然見つけたお店それがパウナガル
外観は非常に怪しい(笑)ネパール料理のお店
ネパール・インド・チベット料理&居酒屋の触れ込み最初入店に勇気が必要だが
ここのお店今までのインド料理だとトップクラスに入るおいしさ
スパイスの効いたカレー達も無数に種類がありおいしいのだが飛び抜けたうまさはナンだろう
ナンもガーリックやらチーズやらまた多種類だが他の店と違うのはその大きさと冷めても最初のモチモチ感を
失わない肉厚のナンである
ランチのナンも大きくておかわり自由だが単品で頼むと多分50cmはあるだろうか???今度測ってみたい
大きすぎて肉厚でとても1人では食べきる事が出来ない我が家はかみさんと分けて食べる
とてつもなく大きいナンそして最後までモチモチ感が失われない不思議なナンである
他のお店よりナンを焼く時間がかかっているから非常に難しいのだと思う
肉厚にすれば生焼けやもしくは焼きすぎの可能性も高くなる

カレー系は甘口・中辛・辛口が選べるがやはり辛口が本名で暑い毎日にぴったり
今回はピリヤニ(インド風スパイシーチャーハン)海老カレー・おまけのスパイスが効いた揚げ物
定番のラッシー・そしてガーリックナンこれだけ頼んで2000円を切るお値段
今月だけで3回も通っている既に常連(笑)ネパール人の店長との片言会話も楽しい
毎週行きたくなるお店それがパウナガル・・・一人でも行ってしまいそうである
e0142754_20491898.jpg
e0142754_20494270.jpg
e0142754_2050066.jpg
e0142754_20502268.jpg
e0142754_20504167.jpg
e0142754_2051053.jpg
e0142754_20512363.jpg
e0142754_2052659.jpg
e0142754_20522372.jpg
e0142754_20523898.jpg
e0142754_2052535.jpg
e0142754_2053865.jpg
e0142754_20532796.jpg

[PR]
by soulsurfer1964 | 2013-08-28 20:39 | ☆☆☆0星三流グルメ | Comments(0)

ホームグラウンドは秋近し。

深夜車を徹夜で走らせる
目指す場所はホーム・・・今までこの場所の名前を出してきましたが
検索でたどり着く方が多いのとこの場所の景観を守るため今回から名前を出すのは辞めることにしました
富士五湖で犬を泳がせる事が全面禁止になったようです
まあ犬で集客している施設もありますからはっきりは掲載しないのでしょう
釣り人との関係・漁協との関係それが全て崩壊した結果が犬遊泳禁止です
まあいろんな人と話をすると特に注意を受けなければ何も言われずそれで済むようです
しかしあの洪庵ですら受付時に犬は泳がせないでね・・・言われてしまうようで
もうこの場所には行く気が失せてしまいました
この場所にはいろんな思い出がありますララ・ジルと一緒になって泳いで潜り楽しかった夏の本栖湖
カヌーを始めようと思ったきっかけも本栖湖でした
それが人が増えマナーが崩壊して地元との関係が崩れて禁止と最悪の結果になってしまったようです

しかしホームでは未だそのような事はあまりないようです
この時期多少マナーの悪いやからがいるのはしょうがないですが
ホームはある意味成熟した大人が多いように最近特に感じますトレッキングしている人を見ても
観光で宿泊している人を見ても都心を抜けていろは坂を昇るのが遠いイメージがあるからでしょうか
俗に言うバカ観光客はほとんど見かけません車中泊の方もマナーがいい方が多いように感じます

犬連れでいれば当然人の目にとまりますそれも大型犬2頭だと・・・
いい関係を保つにはやたらしゃべりかける必要はないですがコミニケーションはとった方が良い関係が築けると私は思います
それが漁協の人だったり釣り人だったり
その点ホームは非常に良い関係にあると思います
時には釣り人のほうから話しかけてきたり漁協の人からもいろんな意見が聞けます
私は子供の頃から釣りキチガイで釣りキチ三平と子供の頃呼ばれてました
中学生の頃は釣り部部長を受けるほどの釣りキチガイでした
北海道の浜頓別で釣ったイトウを最期に釣りには終止符を打ち今はただの犬バカですが(笑)
本栖湖のように金をはらっている釣り人の目前に犬を離すなどこれはとんでもない行為
釣り人も犬好きの気持ちもわかりますが常識がない出て行け!泳がせるな!まあしょうがないでしょう

本栖湖犬禁止の理由が魚のお腹から毛がたくさん出てきた???そんな理由らしいです
それも黒色だとか??情報が非常にあいまいです
本栖湖はトラウト類が多く生息する湖です、すれて釣れなくなると最期は黒い毛のマテリアルで釣果を上げる
これはフライフィッシャーなら誰でも知っている事・・・この黒い毛は犬の毛なのか??
犬の毛だとしてもトラウトの内蔵は食べないから特に問題ないのでは??
だいたいフライフィッシングなら動物の毛をマテリアルで使用するから出て来て当然の事
いったいどれ位の魚から大量の毛が出てきてもしくは大量窒息死でもしたのかその点の情報がまったく存在しなくて知らべても判らないのも問題があるようです
犬連れで生計を立てているペンションなどからはクレームもくるだろうし
せっかくガソリン代と時間をかけてやってきてもいきなり犬禁止!でていけ!じゃ
逆に観光協会のモラルが疑われる事になります
本当のトラブル原因は棚上げして知ってる人なら疑いたくなる理由で禁止にした
本栖湖漁協の苦肉の策だろうそんな感じを受けました
まあ世界遺産登録で観光客も増え犬連れなんかもうどうでもいい・・・他に金を落として行く人が無数にいる
そんな感じを受けます
ただ商売はこの先何が起きるかわかりません自然相手の商売は特に天変地異で何か起きれば
観光客などまったく来なくなります
そんな悲惨で苦しい現状を嫌というほど見てきましたそれが富士五湖に明日起きるかもしれません
臭いものにはフタみたいな考え方はもう辞めた方が・・・お客さんがあっての商売です

実は今度犬無しで久しぶり本栖湖で漕いでみたいと思ってます
現状と魚でも釣って毛が出るのか??試してみようと思ってます
最近まったく行ってないので現状をこの目で確かめてみたいと思ってます(時間があれば)
もしかして禁漁??

ホームはいい気候になってきました
10月には最大の見もの紅葉の時期が訪れます。
e0142754_14412581.jpg
e0142754_14415268.jpg
e0142754_14421424.jpg
e0142754_14423478.jpg
e0142754_14425627.jpg
e0142754_14432021.jpg

e0142754_14435574.jpg
e0142754_14441713.jpg
e0142754_14445085.jpg
e0142754_14451295.jpg
e0142754_14453275.jpg
e0142754_14455571.jpg
e0142754_14461947.jpg
e0142754_14464295.jpg
e0142754_1447351.jpg
e0142754_14472560.jpg
e0142754_14474697.jpg
e0142754_14481148.jpg
e0142754_14483560.jpg
e0142754_1449011.jpg
e0142754_14492098.jpg
e0142754_14493913.jpg

[PR]
by soulsurfer1964 | 2013-08-28 07:48 | カヤック・カヌー | Comments(4)

ホームグラウンドは秋近し。(予告)

8月も既に最終週ホームへ・・・
最近鹿と話ができるようになった(笑)
前回のビブリでもそして今回のホームでも何故か鹿達が私の前に立ち止まる
今ままでは出会っても即座に退散された鹿達だが何故か最近彼らが逃げなくなった
雌鹿にその傾向は強いのだが雄鹿は警戒心が非常に強く立ち止まる事などあまりなかった
ところが今回は数分間見つめあったまま(笑)何か見えない言葉で会話をしているような不思議な時間
そしてシャッターを切るとポーズを取ってくれる(爆)
私が警戒されないタイプなのか?それはよく判らない長い付き合いで独特の間がとれるようになった
今回は立派な雄鹿、日光には群れを率いる雄と単独の雄がいる
単独のタイプはとにかく大きくて角が立派見ていてその美しさに惚れ惚れしてしまう
自然なアスリートの造形は本当にお見事!どこかの無理やりデザインしてまた失敗した某自動車メーカーも
この造形をお手本にすればいいと思う
いろんなメーカーの寄せ集めデザインじゃなくて長年の厳しさに耐えたアスリートの美しさ
まさに完成された筋肉美です

この鹿さんなかなか去ってくれず危ないから(笑)困ってしまった
深夜見つめ合う1頭と1人・・・不思議な関係です
またまたホームへ行ってきました
よろしければご覧ください。
e0142754_0123264.jpg
e0142754_012535.jpg
e0142754_0131323.jpg
e0142754_0133244.jpg

e0142754_0194855.jpg
e0142754_0201075.jpg
e0142754_0204393.jpg
e0142754_021258.jpg

[PR]
by soulsurfer1964 | 2013-08-28 00:09 | カヤック・カヌー | Comments(0)

ビブリッジ2013年8月

お盆休みに久しぶりビブリッジへ・・・
今回はマキちゃんと後輩2人とのキャンプ
後輩達は以前から連れて行け~と言われていたので招待キャンプで2人とも初キャンプ
ビブリの自然にえらく感動しておりました
マキちゃんにはまた凄いお肉をご馳走になり魚も肉もうまさに隙がない静岡県がうらやましくなりました
ジークも元気で少しだけやらかしましたが(笑)落ちついてしまい年齢を感じます
それは人も犬もですが・・・

今回会員になって十数年で初めて出会いの辻脇に設置
昔は人気があったのですが時は流れ不人気サイト(笑)ですがこの場所以外に良かったです
このサイトで一番驚いたのが?お化けではなく鹿達の餌場が近くにある事
何を食しているかは判りませんが餌場なので群れに近づいても捕食に夢中で逃げません
今回ライトを着けながらの撮影に成功50mぐらいまで近寄る事が出来ました
日光や富士の鹿と違いここの鹿はあまり近寄れないのですがここまで寄れたのは今回が初めて
意外な大胆さに驚きました

お盆キャンプは久しぶりでしたが今回はとても刺激をいただき楽しいキャンプになりました
もう会員になってから十数年・・・昔の仲間はほとんどがこの場所から去っています
理由はそれぞれあり飽きたり距離の問題だったり体が疲れるのも原因でしょう
トレーラーを牽いているとはいえ設営には体力も時間も必要そしてこの猛暑
歳を取れば人は楽な方向に向かうそれは自然の原理だと思います
私も7年目ぐらいでこの場所に飽きが来てもういいかな?いい加減(笑)そんな時期がありました
ただ物事は長く続くとさらにいろんな事が見えてくるそれはキャンプも波乗りも仕事も同じ
あまりにストレスならそこで一時期止めても辞めてもいいそれは自由
でもやめなかったのはこの場所にしかない素晴らしさが何度来ても体感できること
それは初めて来たときと何ら変わりがないだから続いているのだと思います

もうすぐ50間近(汗)ですが今回はお二組に素晴らしい刺激をいただきました
年齢は私よりも上・・ですがすごいアグレシッブ行動力も考え方もですがお話がいつも丁寧で
こんな大人にならなきゃいけない(爆)一応私も大人ですが大人気ない(笑)
最近70代80代の方と朝のウォーキングでよく会話する機会が多いのですが
ターニングポイントは多分50代と感じる事があります私からの年齢を暴飲暴食でデタラメに生活するか
それとも体が動くうちは多少きつくても行動を起こすかその結果がその後答えになって戻って来るのだと思います
朝に会うご老人達は本当にみんな元気でとても70代とは思えません
ただお話するとみなさん必ずポイントがあるようです、このままではダメになる・・・
そこに気がつくか・・やるかやらないか多分その年齢は50代かな?そんな事を思います

今までは年下しかおらずそんな事はキャンプでは感じなかったのでこの暑さで設営・撤収
キャンプを本当にアグレッシブに楽しむお二組に本当に良い刺激をいただきました
そしていろいろ助けていただきましたありがとうございました
次回はいつか?もうすぐ9月キャンプには一番良い時期ですね。
e0142754_10254689.jpg
e0142754_10261619.jpg
e0142754_10271827.jpg
e0142754_10274396.jpg
e0142754_10281352.jpg
e0142754_1028413.jpg
e0142754_10293461.jpg
e0142754_10295421.jpg
e0142754_10303494.jpg
e0142754_1031162.jpg
e0142754_10315814.jpg
e0142754_10322260.jpg
e0142754_10324746.jpg
e0142754_10333548.jpg
e0142754_1034325.jpg
e0142754_10343083.jpg
e0142754_1035112.jpg

[PR]
by soulsurfer1964 | 2013-08-17 09:32 | 山ごもり。 | Comments(2)

タイヤ沼にはまる・・・その4(基本に戻る)

タイヤ沼ついに最終章になりました
ここまでつまらない記事を読んでいただきありがとうございました

前回の続きではダンロップ グランドトレックAT3 195/80/15を装着して終わったと思う
サイズは純正と同じパターン的にはオンロードもオフロードも普通の路面なら問題ないパターン
以前も履いた事があり今回も問題ない予定だった
ただ気がかりなのが215/70/16→195/80/15に変更した事だった
一番気になるのがタイヤの幅が狭くなることこれがどう影響するのか?ホイールのオフセットも変わり幅的に両方狭くなる果たしてその結果は・・・・

運転して気がついたのはやたらふらつく事一般道そして高速道路両方ともかなりふらつく
それ以外はオフセットが変わりホイール幅が狭くなったためUターンや曲がる事については引っかかりがなくなり曲がりやすくなった
そこでふらつきを抑えるため空気圧を上げてみた前輪後輪ともに3.0これで多少改善されたがまだグニャリ感がいなめない
以前なら3、0で安定したがこれもタイヤ幅そしてオフセットで車幅が狭くなった影響だろう
そしてもっと考えられるのが車重が重くなった事・・・以前の200系に比べればボディサイズなど全てにおいて小さくなったが
今回はメーカーさんのきちんした断熱・防振処理・そして内部の作りが以前の車より重量を増しているようだ
FR→4WDになりその分の重量もましている以前のむきだし鉄板内部から内装フルトリムも重量が増えた原因
それによりタイヤサイズが同じでもLT規格ではない乗用車タイヤを入れたため3.0Kでは低すぎてサイドの剛性も足りないようである
このタイヤでは3.0が限界いや個人的には危ない領域だろう
地球温暖化による路面温度の急上昇も考慮すると2.5から2.8ぐらいだろうか?
メーカーに聞いたが詳しくは答えていただけなかった3.0でも速度によっては少し怖い領域だと思う

LTで標準空気圧は確か?前輪が3.5でリアが3.2であるLTタイヤならもっと空気圧を上げる事ができる
ハイエースはそれだけ前輪が重い車なのだろう
これをクリア出来るのはやはりLTタイヤまたふりだしにもどったようだ(笑)
オフロードもそこそこ走るパターンを備えてそしてLT規格これをクリアするのは世界で1種類しかない
それがダンロップのTG4 195/15/8PRしか存在しない私が一番履きたくない(笑)イメージは農道タイヤである(爆)
おれはこれでハイエースにのって田植えに行くのか・・・別に農家の人の悪口ではなく本当にそんな場所で活躍しているタイヤである
ただもう選びようがないこれしか選べないのだから・・そしてグランドトレックより値段が高いこれには笑った

しょうがないから知り合いに電話して取り寄せ実物がやってきた
見てびっくり!!粗末なラベルにいかにも農道を走りそうなパターン(笑)そのパターンを見ているとどこかで見覚えがあるパターン
あっ思い出した高速で見かける演習場に向かう自衛隊の装甲車のパターンあの後輪が4軸の・・・
きっとこれを履けば自衛隊の富士演習場をパス出来るな・・顔パスじゃなくてタイヤパスで(爆)

そしてまたまたタイヤ交換。。。いったい何度タイヤ交換したのだろう
交換していただき走行してびっくり!剛性が上がりふらつきも収まりイメージに近い感覚が戻ってきた
自衛隊農道パターンのわりにはさほどうるさくなくイメージ通りこの静かさは意外だった
ただ普通タイヤに比べればそれはゴツゴツ感はいなめない
全てにおいて走行条件を100%クリア出来るタイヤなど存在しないのである
ただこのタイヤハイエース200系の4WDに履き山奥深く走りたいならかなり良いタイヤだと思う
TG4のイメージがだいぶ変わったあとはメーカーがこのタイヤをいつまで生産するのか?
それだけが心配である

タイヤ沼にはまり思いました・・もう歳なんだから見た目なんか気にしないで基本通りに戻る
高い金を使い勉強になりましたでも沼にはまって勉強になるのも良い事だと思います
みなさんも自分なりに納得行くタイヤ選びしてくださいませ。
[PR]
by soulsurfer1964 | 2013-08-04 10:56 | リプエース2 | Comments(4)